アイフルの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【成功事例】
私が消費者金融を利用し始めたのは今から10年ほど前です。高校時代は真面目な学生だったのですが、高校を卒業してで独り暮らしを始めてから生活は乱れていきました。悪夢の始まりは職場の先輩に連れて行かれた風俗店でした。それまで女性と付き合ったことのなかった私は、優しく接してくれる風俗店の従業員の魅力に取りつかれ、たちまち風俗店にのめり込んでいくようになったのです。風俗店の場合一回通うだけで2万円程度は吹き飛びますから、毎月の給料だけでは足りなくなってきます。気付けば消費者金融で借金をしてまで風俗店に通うようになり、そんな生活が3年間続きました。

私の目が覚めたきっかけは、ある日その風俗店の女性の携帯電話がつながらなくなったからです。お店のホームページを見てもその女性はやめた後で私にはどうすることもできませんでした。恥ずかしながらそこで初めて自分はただの一人の客にすぎなかったことを悟ったのでした。そして手元に残ったのは300万円の借金でした。当時は絶望感しかなく、またコトの性質上他人にも相談できずに精神的に相当参っていました。一時は死ぬことも考えましたが、友人や親のことを考えて何とか踏みとどまることができました。その後は風俗店通いもやめてとにかく死に物狂いで働いて、借金を返し続けました。そしてもう少しで完済できるといったときに、過払い金の返還問題がニュースで取り上げられるようになったのです。

すぐに消費者金融との契約書等の書類を持参して弁護士事務所に相談に行ったところ、私の場合は80万円以上の過払い金があるとのことでした。思わぬ高額に驚いて嬉しい気持ちと同時に、正直複雑な思いもありました。なぜならこの80万円は消費者金融が違法な金利と知っていたにもかかわらず、罰則のないことをいいことに取っていた金利だということを先生から聞いたからです。確かに風俗にハマって借金を重ねた私が悪いのは間違いありませんが、それにしても消費者金融のこれまでの姿勢には相当腹が立ったのも事実です。

とにかく残りの借金を返さなくていいばかりか80万円と言う大金が返ってきたことで、ようやく私も人生の再スタートを切ることができ、風俗店通いもやめることができました。私の場合はたまたまニュースで過払い金の話題が出ていたことから、弁護士の先生に相談して解決することができましたが、こうした過払い金返還の制度自体を知らない人はまだまだたくさんいると思います。まずは相談だけでもすることをしてみてください。

弁護士紹介

【コラム】

完済してなくとも過払いを請求することに意味がある
債務を完済してる場合は過払いを請求すると返還できるお金が自分の元に戻ります。
しかし、債務がまだある場合には債務と相殺することがない限り、債務は残ってしまいますよね。

それだと意味がないと思われる方もいるかもしれませんが、そうではありません。

債務が残ってしまう状況で、過払いの請求を行うことで金融事故として信用機関に掲載されてしまいますが、現在ある債務から引きなおして計算し、債務の元金がかなり減ることとなります。
さらに契約を直すことでこれからの支払いの金利が変わり支払いがラクになるかもしれません。

過払いのお金が自分の元に戻ってこなくても、過払いが発生してるのならばそれは返したお金です。
金利ではなく元金に充てることができるのですから、マイナスには決してなりません。

まずは高松で過払いに詳しい弁護士に相談して、自分の状況で過払いを請求することが妥当なのか、それとも債務整理が妥当なのかと相談してみるのも良いですよ。

素人判断で誤った判断をしてしまうと大変です。
ですからまずは弁護士に相談すると良いでしょう。

自分の債務がいくら残っていて月々の支払いがいくらであとどこぐらいで返済できるのかを考え、まとめていくと良い資料になるでしょう。

過払いは完済してる人だけのためにあるものではありません。
自分の債務と金利をしっかりとまずは把握しましょう。