アイクの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

アイクの過払い体験談7

私は、自己破産をしたことがあります。

借入金額1000万円、年収180万円。到底払えるものではありませんでした。

なぜこうなってしまったのでしょう。

 

 私が初めてお金を借りた理由は生活費の補填でした。家族を養うために、家族に黙って借りました。

初めは某有名銀行から150万円借り、その補填のおかげもあって、家族笑いの絶えない暮らしをしていました。

しかし、生活費の補填です。後が続かず、さらに別の某銀行に借りました。

合計金額は250万円になり、毎月の返済が苦しくなると、おまとめローンというものに手を出し、400万円にまで大きくなってしまいました。

しかしおまとめローンにしたおかげか、毎月の返済は20000円前後になり、なんとか、生活費から返済費をねん出して、切り盛りしました。

 

しかし、その400万円の借入も底が尽き、お金がなければ、生きていけない。家族も困ってしまう。

ここで私は決断しました。消費者金融に借りることを。

 

そこで200万円借りました。

 

いつかは、この生活を改善しなければと思うも、毎日に追われ、見失ってしまいました。

おそらく、お金が今はある。という甘えからなのでしょう。

 

しかし、当然、返済できずに、他の消費者金融からお金を借りて。を繰り返し、

とうとう、1000万円という一生で払えない金額にまで到達してしまいました。

毎月の返済が滞り、滞納しているという電話が立て続けにかかってくるようになり、

家族に隠れて、涙を流していた私は、家族に打ち明けました。

家族の皆は驚きの表情を浮かばせたまま、言葉を発しませんでした。

 

 それから私は、どうにか返済できるかどうかを調べました。

すると、インターネットで見つけたのが、「あなたの借入返済はアイクの過払いかもしれませんよ」というキャッチコピーのサイト。

私は、そのページを詳しく見ました。

すると、借入によっては、必要以上の返済をしている可能性があるということ。

それを調べるためには、弁護士に相談して確認する必要があると記載されていました。

 

さっそく、後日、弁護士に相談すると、手続きを開始するとのことで、手続きが始まりました。

その途端、取立の電話はかかってこなくなり、結果、アイクの過払いが多くあったようで、残ったのが300万円くらいだったようです。

そこから、私は自己破産の手続きに入りました。なので、結果、返済はなくなりました。

 

全てが終わったのが、手続きを開始してから5年くらい経ったくらいでした。

 

それから、借入もカードも作ることができなくなりましたが、家族全員が協力して、できるだけ、生活費を抑える努力をしているため、現在、家族そろって生活をできています。

あの借入して、家族に黙っていた頃よりも一段、家族の結束が強くなったのを実感し、同じ過ちを繰り返すことなく、笑いの絶えない生活をしていきたいです。

【関連情報】
日本司法書士会連合会