アイクの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】「アイクの過払いの返還請求をしてしまうと,ブラックリストに登録される」という噂を聞いたことがあるかもしれません。
アイクの過払いは,法律上の返済義務を上回る返済をしたときに生じるもので,本来返済する必要のなかったお金のことです。
そのお金を返還するよう請求しただけで,ブラックリストに登録されることがあるとすれば,非常に理不尽な気持ちになってしまうかもしれません。
しかし,結論から言うなら,ブラックリストに登録される可能性がある場合もある,というのが正解です。
まず,完済している借金についての請求であれば,ブラックリストの登録の心配は,何もありません。
また,返済中の借金については,過去の取引履歴を取り寄せ,利息制限法に基づく再計算をしてみないと,アイクの過払いが生じているかどうかが分かりません。
そして,再計算の結果,返済しすぎであった場合は,契約そのものが終了していますので,ブラックリストとはなりません。
これに対して,再計算をした後も,借金の残高が残るケースでは,香川・高松の貸金業者に「債務整理」があったものとみなされ,信用情報機関に登録される可能性があります。
そのため,アイクの過払いの返還請求をする場合は,発生の見込みを十分に検討してから,手続を始める必要があります。

お客様の声

 

【コラム】消費者金融やクレジットカードによるキャッシングをしたことがあり,借金を完済したことがあったり,何年も取引をしているような場合,借金にアイクの過払いが生じている可能性があります。
アイクの過払いは,法律上の返済義務がなくなってから,さらに返済させられた状態のことで,貸金業者に対して返還請求をすることができるものです。
ここで,貸金業者の借金の借り方や返し方は様々ですが,数年間の間に,何回か"完済"を経験している場合があります。
たとえば,サラ金などから10万円を借り,毎月少しずつ返済し,一度完済して,しばらく経過してから再び借入れを行うようなケースです。
このような借り方をしてきた場合,アイクの過払いの発生額は,再計算の方法により,大きく異なってくることになります。
つまり,同じ業者からの複数の借入について,「別々の取引きであったとみなすか?」あるいは,「一連の取引であるとみなすか?」によって請求額が大きく異なることになります。
通常は,一連の取引きとして計算する方が請求額が大きくなるので,貸金業者は,別々の取引きであったと主張します。
その場合,時効によって古い取引についてのアイクの過払いが請求できなくなることになってしまいます。
香川・高松の弁護士に相談し,一連の取引きとして計算できるかどうかを確認してみるようにしてください。