アイクの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】サラ金やクレジットカードによるキャッシングをしてきた方は,過去の返済によって,アイクの過払いが発生しているかどうかの確認が必要になります。
アイクの過払いは,利息制限法に違反する金利で返済してきたことで,法律上,返済が必要になる金額以上の返済をさせられている状態です。
そのため,高松の弁護士などに相談し,「返済しすぎていないかどうか?」を確認しなくてはなりません。
ここで,貸金業者に一度支払ったお金について,返還を求めることに不安を感じている方がいるようです。
また,返還請求をすることで,「何か嫌がらせでもされるのでは?」という不安もあるようです。
しかし,通常は,貸金業者から,依頼者本人に何かを言ってきたり,してきたりすることはありません。
また,仮に何かしてきたとしても,高松の弁護士に介入してもらっていますので,監督庁に行政処分を求めるなど,対策をしてくれることになります。
そのため,貸金業者からの嫌がらせなどは,何も心配する必要がない,ということになりますが,時効の問題などには,注意が必要です。
これまでの返済によって,アイクの過払いとなっていた場合でも,返還請求するための請求権が時効にかかっていることがあります。
そのため,できるだけ早く相談し,取り戻せるうちに請求しておくことが重要になります。

お問い合わせ

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

 

【コラム】消費者金融のローンカードやクレジットカードのキャッシングなどを利用すると,借金の返済によって「アイクの過払い」が生じることが指摘されています。
ここで,アイクの過払いは,法律上の借金の残高がマイナスの状態,と定義することができます。
これまでの消費者金融などは,利息制限法の制限利率を超える高金利での貸し付けを行っていました。
そのため,法律上は,受け取ることができない利息についてまで受け取っていたことになり,そのお金は,元本の返済に充当して計算されることになります。
そして,借金を返済するほど,業者の主張する残高と,法律上の残高の違いが大きくなり,法律上の残高がマイナス(アイクの過払い)となることがあります。
このようにして,返済しすぎのお金が生じることになりますが,「いくら発生しているのかを自分で確かめたい」と考える方も多くなるようです。
最も簡単に確認する方法は,取引履歴を取り寄せ,引直計算の業者に依頼することです。
しかし,この方法では,1社あたり5千円程度の費用がかかってしまいますので,弁護士に計算を依頼するといいと思います。
高松の弁護士による無料相談を利用し,まずは,アイクの過払いがどの程度生じているかの見込みを立ててもらうようにしてください。

【関連情報】
金融庁ホームページ