アプラスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】消費者金融などの借入をし,その後,何年も返済していると,法律上の借金がなくなり,さらに返済をさせられてしまう「アプラスの過払い」の問題が生じることがあります。
アプラスの過払いによって支払わされたお金は,本来,返済する必要のなかったお金ですので,貸金業者から取り戻すことを考えなくてはなりません。
貸金業者に奪われてしまったお金を取り戻すには,業者から「取引履歴」を取り寄せ,返済しすぎたお金がいくらなのかを確認します。
そして,貸金業者と交渉をしたり,和解が成立しなければ,裁判を起こして回収することになります。
そのため,借金をしてきた本人が請求することは難しい手続きになり,一般的には,高松などの弁護士に依頼して請求することになります。
ここで,弁護士に依頼して,払い過ぎたお金の回収に失敗したら,費用はかかるのか?という点が気になると思います。
通常は,着手金といって,事件解決が成功したかどうかに関係なく発生する費用があります。
しかし,着手金が必要ないと言っている弁護士に依頼すれば,「失敗したら,費用は発生しない」ということになることが分かります。
安心してアプラスの過払いの返還請求をするためには,着手金が必要ない法律事務所に依頼することがポイントになります。

弁護士紹介

【コラム】消費者金融やクレジットカードの借金のアプラスの過払いの問題は,業者が利息制限法の制限利率に違反した金利を設定していたことが原因となります。
そのため,自分の借金にもアプラスの過払いが生じるか,という判断をする基準は,「借金の金利が利息制限法の範囲内かどうか?」を確認すれば良いことになります。
利息制限法では,借金の元本(借入額)が10万円未満の場合に年20%,10万円以上~100万円未満の場合に年18%,100万円以上の場合に年15%を上限として決められています。
したがって,この利息を超える金利での返済をしてきた場合,借金を返済しすぎてしまう,アプラスの過払いとなっている可能性があることになります。
ここで,注意しておきたいのは,貸金業者の多くは,数年前から貸付金利の引き下げを行っていることです。
出資法の改正に合わせ,貸付金利の引き下げを行っている場合は,通常,利息制限法の制限利率以内の設定としているはずです。
そのため,金利を比較する場合は,引き下げ前の金利と利息制限法の利率を比較しなくてはならないことになります。
また,自分が契約している業者の古い金利が分からないときは,高松の弁護士に相談して,確認してもらうこともできます。