アプラスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】これまで,消費者金融やクレジット会社などは,利息制限法に規定される制限利率を上回る,高金利での貸し付けを行ってきました。
そのため,本来,返済する必要のない返済をさせられる「アプラスの過払い」の問題が生じたり,あるいは,借金の返済が困難となる,多重債務の問題なども引き起こしています。
しかし,現在では,貸金業者を規制する出資法の改正も行われ,法律に従った経営をする貸金業者が多くなっています。
しかし,貸金業者に必要以上に支払ってしまったお金については,今からでも取り戻せることがありますので,弁護士に確認してもらい,返還を受けられるものは,受けておくようにしてください。
ここで,弁護士に相談をするときは,アプラスの過払いの無料相談を利用すると便利です。
費用をかけずにアドバイスを受けることができ,借金の問題についても相談をすることができます。
アプラスの過払いの返還請求と借金の問題については,似通った部分があるのも事実です。
債権者から厳しい督促を受けていたり,返済できない借金がある場合に,実は借金がなく,アプラスの過払いとなっていた,ということもあります。
高松の弁護士などに相談し,借金や返還請求の手続きについて確認するようにしてください。

お問い合わせ

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

 

【コラム】過去に消費者金融などから借金をしたことがあり,その借金を完済している方の中に,「自分が契約をした業者が見当たらない」ということがあります。
アプラスの過払いについて調べるとともに,インターネット検索などで,自分が取引をした業者を探すこともあります。
そのようなときに,その貸金業者のホームページを見つけることができず,「すでに,倒産してしまったのでは?」と考えられる場合があります。
しかし,そのようなときでも諦めることはせず,まずは,高松の弁護士に相談してみることが必要です。
自分が契約をしていた業者が見つからない場合,その原因は,(1)倒産してしまった,(2)社名変更や合併をしている,のいずれかになります。
まず,倒産している場合は,中小の貸金業者でない限り,ニュースなどで取り上げられると思います。
そのようなニュースを見たり,聞いたりした記憶がない場合は,貸金業者が社名変更をしていたり,他社との合併で名称が変わっていることが原因であることも考えられます。
アプラスの過払いが発生していた場合は,名称が変更された業者に対して請求することができますので,請求そのものをあきらめる必要はありません。
アプラスの過払いを専門とする弁護士に確認し,手続の準備を進めるようにしてください。