ディックの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

ややこしい計算はみんな弁護士さんがやってくれました

交通事故によって主人が入院をしてしまい、生活苦になったことがありました。

その時には収入がなくなってしまい、貯金を崩しながら生活をしていましたが、入院費用などで出費がかさみ、ついに貯金も底をついてしまいました。

そこで銀行からお金を借りたのが借金生活の始まりでした。

銀行からの借金の返済については、良心的な金利でした。

それでも月々の返済をしていくと生活はぎりぎりでした。

 

それは主人が仕事に復帰してからも変わりませんでした。

復帰後は収入が減ってしまい、銀行への返済をするとやはりぎりぎりの生活でした。

そんな中でお金に困ってしまい、銀行では融資を受けられずに困ったときに頼ったのが消費者金融のディックです。

銀行への返済と当面の生活費のために50万円借入しました。

ここからが大変でした。

 

当面は50万円の借り入れのおかげで乗り切れましたが、今度は月々の返済額が膨れ上がってしまい、当時の住まいを手放して家賃の低いところへ引っ越すことになりました。

その状態でなんとかやりくりして、その中でさらにディック以外に2社消費者金融から借り入れをしてしまいました。

そんな生活が20年続き、毎月返済に追われ続けていましたが、ある時知人とお金の話になった時に、いつになったら支払いが終わるのかと聞かれました。

 

恥ずかしい話ですが、借り入れと返済を繰り返しているためにいつまで返済期間があるのか、残債がいくらあるのかその場で答えることができませんでした。

ただし、今まで支払いの滞納だけはしたことがありませんでした。

それを聞いた知人は、それならば過払い請求でお金が戻ってくるはずだと教えてくれ、具体的にどうすればいいのかを聞いてみました。

行政書士事務所や弁護士事務所に相談すればよいということなので、交通事故の時にお世話になった弁護士さんに連絡をとりました。

 

もう20年も前なのにこちらのことを覚えていらして、過払い請求ならば得意にしている行政書士さんの方が手数料が安く済むとアドバイスをくれましたが、以前お世話になったのもあるしそのままその弁護士さんに依頼しました。

手数料も普通はもっとかかるところを、2万円で引き受けてくれ、あとは成功報酬からの支払いにしてくれました。

いくら返済していて、いくら借入しているのかもわからなかったのですが、必要な書類だけ言われたとおりに用意すると、あとは全部先生がやってくれました。

先生の提示した金額だと、ディックや他の消費者金融での借金はすべてなくなるとのことで、あとは日数がかかると説明を受けました。

ただし、その間はこちらからは一切消費者金融と連絡をとることがなくなり、安心した日々を過ごせました。

 

結局手続きが終わるまで4か月かかりましたが、ずっと支払いに追われていた借金がすべてなくなりました。

現状については把握していない人も、絶対に相談だけはした方がいいと思います。

借金がなくなった時の気持ちはとても言葉では表せません。