ディックの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

弁護士と協力しながら過払い請求に成功した話し

あれはほんの数年前の話になりますが、当時20代前半だった私は定職につくわけでもなく、バイトをしながら遊び倒す毎日でした。しかし、毎日お酒やタバコ、それにパチンコにあけくれる毎日をバイトの給料でやっていけるわけがなく、当時の私は借金の怖さというものをしらないままに、気楽な気持ちで消費者金融のディックからちょっとずつちょっとずつ借金を重ねるようになってきたのです。

はじめのうちは、今月も金が足りないからちょっと借りよう、また次の月も同じようにしてちょっと借りようなんていう癖がついているうちに、いつの間にか徐々に返せないようになっていき、でもまだ大きな借金じゃないからいつかは返せるだろうという楽観的な気持ちで毎日をすごしていたのですが、本当に生活も回らなくなって気付いた時にはディックに借りたお金が3百万にまで膨らんでいたのです。私は絶望しました。まだまともな職にもついておらず、そんな高額な借金を自分自身で返せる仕事もない。私は藁にもすがる思いいで田舎の親のところに帰ったのです。

親に借金があることを告白し、自分の状態を正直につたえたました。そうしたところ、借金は自分たちがなんとかしてやる。そのかわり、これからはまじめに働くんだぞということで、借金はなんとかなるかと思ったのですが、親の援助があっても300万という大金はかなり厳しいものでした。

親は家にあったき金属類やブランド品などを売りお金をつくってくれたようなのです。しかし、それでもまだ足りないと頭を抱えた時に知ったのが、借金の過払い請求でした。現在の借金が300万あるといってもそれまで私は借りては返しの暮らしをつづけてきたわけですから、きっと自分にも過払い分があるに違いないとすぐにネットで自分で調べながら消費者金融のディックに電話で交渉をしてみたのです。

結果はどうなったのかというと、当然私にはなんにも知識がないわけですから門前払い状態。過払い請求なんて本当にあるのかという状態でした。しかし、ネットで調べれば弁護士さんに相談すればいいということがわかり、過払い請求に詳しい弁護士さんのところに相談にいったのです。

すると、やはり自分にも過払い請求が可能であることがわかり、すぐに弁護士さんに協力してもらいながら過払い請求をすることにしたのです。その結果として、見事に過払い請求に成功し、かなりの金額がもどってきて借金も返し終えることができたのです。その後はまじめに働いて借金を返してくれた親に今度は孝行という形でお金を返している最中です。そして弁護士さんにもありがとうという気持ちでいっぱいです。