過払いの成功事例2

トップページ

事務所までの道順

よくある質問と回答

 
   
   
         
 
過払い法律相談はこちらから
成功事例特集
成功事例1
成功事例2
成功事例3
成功事例4
成功事例5
成功事例6
成功事例7
成功事例8
成功事例9
成功事例10
お客様の声をご紹介します
お客様の声をご紹介します
過払い金専門サイト

 

 

 

司法書士に140万円以上だと断られた方の事例

山田さん(仮名)の事例

司法書士に140万円以上だからと断られた方が弁護士に相談して成功した事例

山田さん(仮名)は、金額としては、それほど多くはないものの、長い間、アコム、プロミス、ディック(のちにCFJ)という3社に対して、いずれも15年以上、借金を支払ってきました。

真面目にコツコツと返していたため、いままで、一度も返済におくれたことはありません。

ほんとうは、もう少し多く返済することができたのですが、窓口に多めにお金をもっていくと、

「利息だけでけっこうです」

と言われて、利息以上の元金は、返済させてくれなかったのです。

昔のサラ金は、こうやって、利息以上のお金を受け取らずに、取引関係を長期化することをねらっていたのです。

ところが、山田さんは、つとめていた会社の業績が悪化したたために給料が減額されてしまいました。

けっして、自分のせいではないのですが、給料が減ってしまったために、サラ金への支払ができなくなり、最初は、司法書士の方に相談にいきました。

そうしたところ、司法書士からは、

「あなたの場合、過払い金が140万円以上になるので、司法書士では、受けることができません」

と言われて、断られてしまいました。

山田さんは、困って、弁護士に相談にいきました。

弁護士にたのむ前

サラ金 借金 取引期間
アコム 49万円 約18年
プロミス 38万円 約15年
CFJ(ディック) 78万円 約15年
合計

165万円

 

弁護士にたのんだあと

サラ金 借金 取引期間 過払返金
アコム 0円 約18年 230万円
プロミス 0円 約15年 170万円
CFJ(ディック) 0万円 約15年 195万円
合計 0万   595万円!

山田さんは、借金165万円が、ゼロになりました。

つまり、借金がなくなったのです。

15年もの間、自分を苦しめてきた借金がなくなってしまったことだけでも、山田さんにとっては、非常に大きな喜びでした。

それ以上に、いままで、サラ金に払いすぎていたお金が595万円も返ってくることになりました。

山田さんが司法書士さんに

「140万円以上になるから司法書士は受けられない」

と言われたのは、この、サラ金に払いすぎていたお金のことでした。

たしかに、

アコムから230万円の返金

プロミスから170万円の返金

CFJ(ディック)から195万円の返金

があり、いずれも140万円を超過する案件でした。

司法書士さんも、法律に忠実にしたがったために、山田さんの件を断ることになったのです。

結果的には、そのために、山田さんは、思いもしなかった、595万円もの大金を返してもらえることになりました。

山田さん、よかったですね。





トップにもどるトップにもどる