ジャックスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】違法金利は他人事ではありません
実際に違法な利息でお金を借りている人は、まだまだたくさんいるようです。
契約書を見ただけでは気が付かなかったのに、弁護士がひとめ見ただけで、違法な金利での返済になっていたということがよくあります。

また、自分は大丈夫だろうと思っていても、契約書の意外と落とし穴に気付いていない可能性があります。
高松でお金を借りた人で、自分の契約書は大丈夫と断言した方が、過払いになっており、余計なお金を払っていたことがありました。
素人がひとめ見ただけでは、なかなかわかりにくいのです。

法律で定められた利息計算をして貸付をしているところは、銀行ぐらいなのです。
ほとんどの消費者金融は、法律で定められた利息制限法を守っていません。
お金を借りる人さえ気付かなければ、消費者金融の言いなりの利息になってしまいます。

いちはやく、違法な金利に気付き、多く支払ってしまった過払いを請求しなくてはなりません。
現在では、利息制限法が定められたと言っても金融業は野放し状態なので、借り主が弁護士を介入させ、きびしく取り締まらなければならない時代になってきました。
ひとりひとりが利率に気付き、お金を借りた人全員が過払いの請求を続けることで、いつか違法金利を取る消費者金融がなくれば良いと願うばかりです。

お問い合わせ

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

 

【コラム】弁護士依頼はその場で決めなくてもOK
法律事務所って堅いイメージがあって、なかなか行きにくいし、弁護士さんって怖そう、などと思ってはいませんか?
実際に弁護士は怖いのではなく、正義なのです。
ですから口調もちょっと厳しくなってしまう弁護士が昔は大勢いましたが、現在ではそのようなことは決してありません。

また、訪問して相談したら絶対に依頼しなくてはいけないのではなく、「まずは話だけでも」という気持ちで十分です。
初心者にとっては、法律事務所を訪ねるだけでも大変なことなのですから、弁護士に依頼するかしないかは、その場で決めなくても後日ゆっくり考えてからの返事で大丈夫なのです。

先日、高松の街を歩いていたら過払いなどを専門とする法律事務所に入って行く方を見ました。
ごく普通の方でしたが、女性も何人かいましたし、きっと弁護士の力を借りたくて相談に行かれたのだと思います。
現在では女性でも普通に法律事務所を訪れる時代ですから、あまり緊張せずに気軽な気持ちで相談に行かれると良いです。

初回はいきなりの訪問より、法律事務所にまずは電話をして予約をしておくと、弁護士さんも時間を取ってくれるので、ゆっくりお話できると思います。
また、緊張して忘れないように、聞きたいことをメモして持っていくとあわてずに済むかもしれません。