アコムの過払い金でお悩みの方は私たちにお任せください。
メニュー

【コラム】過払いの返還請求を考えている方は,高松の弁護士,あるいは司法書士のどちらに依頼したら良いか迷いが生じることもあります。

弁護士と司法書士の違いは,主に,取り扱いのできる業務の範囲となります。 高松の弁護士が,全ての過払い金の問題について依頼を受けることができる半面,司法書士は,法務省の研修と考査を受けた「認定司法書士」であることが条件となります。

つまり,司法書士事務所のどこに行っても良いというわけではなく,認定司法書士を探さなくてはなりません。 また,認定司法書士を探すことができても,請求額が140万円を超える場合は,本人に代わって相談や交渉,和解契約をすることはできません。

さらに,訴訟となり,貸金業者側が控訴してきた場合,地方裁判所や高等裁判所で行われる控訴審をすることができません。 もし,140万円を超える過払い金の依頼を受けてしまうと,弁護士法の非弁行為にあたり,厳しい罰則を受けてしまうことになります。

そのため,請求額が大きくなるような案件については,最初から弁護士に依頼する方が安心だと思われます。 もっとも,認定司法書士の中にも,依頼者のために精力的に活動している方が多くいますので,資格による制限について注意するようにすれば良いと思われます。

弁護士紹介

【コラム】アコムなど消費者金融などの金利の高い借金をし,利息制限法の上限利率を超える金利での返済を継続していると,借金の残高がなくなり,さらに返済させられてしまう過払い金の問題が生じます。
アコムなど貸金業者に対して返還を求めることができるお金ですが,個人で取り戻すのは難しいことが予想されます。 そこで,高松などの弁護士に相談し,取り戻しを行うことが多くなりますが,過払い金を専門とする弁護士と,それ以外の弁護士には大きな違いがあります。 まず,貸金業者への返還請求には,「高い計数能力」,「強い交渉力」,「数多くの交渉実績」が必要になります。
アコムなどの貸金業者に対して返還を求める場合,まず初めに,取引履歴を取り寄せ,金利の推定計算などを行います。 そして,その計算を元に,業者と粘り強い交渉を行い,和解に向けての話し合いが行われます。
さらに,過去の交渉実績により,業者ごとの和解に応じる基準なども決められ,速やかな問題解決ができることになります。 このような実績などがない弁護士の場合,業者との交渉に時間がかかり過ぎたり,方針決定が試行錯誤状態となってしまいます。 素早い問題解決と,より多くの返還を実現するためには,過払い金を専門に扱う弁護士に依頼するべきことと思われます。

【関連情報】
金融庁ホームページ