アコムの過払い金でお悩みの方は私たちにお任せください。

「母親に一言いいたい」アコムの過払い金 成功者の過去の体験記

実家にいた頃のお話です。

母親が金銭面のやりくりがとても下手で、私の給料日が訪れるたびに、手ぐすねを引いて、給料明細を確認することも多々ありました。

 母は扶養範囲内で働く主婦だったため、父親の名義のカードはもちろん、自分で所持していた数社のクレジットカードのキャッシングもギリギリの枠まで借り、やがて生活に貧困したのか、私自身のカードの残高まで教えてくれないかというようになりました。

 入籍3ヶ月前に両家での結納を済ませるため、月給以上のお金を借してほしいと言われ、結婚前ですが、とうとう借りれる場所がなくなり、消費者金融に手を出したのが、ことの始まりでした。

 現在結婚して4年半経ちますが、現在も母親の借金を返済しながら生活しています。

私自身、お金を借りることは悪いこととは思っていません。

しかし、子供に迷惑をかけているという実感がない生活を送っていることが悔しくてなりません。

 返済のため、主人とのライフプランも大きく狂い、現在も子供が欲しいのに、返済に必死でそれどころではありません。

どこの消費者金融でもいっている話だとは思いますが、「ご利用は計画的に」という、この一言を母親に

きっちりと噛み締めてもらいたいと思います。

【関連情報】
日本司法支援センター 法テラス