お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

【コラム】支払いが終わったけど過払いを請求したいという方へ
CFJでの債務のすべての支払いが終わったけど、自分には過払いがある…という方はそのお金は自分のお金として戻ってくるため、請求したほうが良いお金です。

契約をしていなくてもCFJなど消費者金融に過払いを請求することはもちろん可能です。

そして一時期は過払いを請求するとブラックリストと一般的にいわれる個人信用情報に記載されることもありましたが、今はそれが問題視され、掲載されなくなりました。

残債が残ってしまう方は整理のひとつとして信用情報に記載されてしまいますが、支払いがすべて終わっており残債がないという方は過払いを請求してもなんら記載されることはありません。

もちろんローンが組めなくなったり、カードがもてなくなったりなんてことは一切ありませんから安心して堂々と請求しましょう。

過払いはそもそも自分のお金で相手が取りすぎてしまったお金です。
相手のミスですから、そのお金に逆に金利をプラスして請求することもできます。

例えば10年前の過払いだったとすると10年分の年利を利息制限法の上限金利で計算し、上乗せして請求することも可能です。

高松にも弁護士はたくさんいますから、その中から過払いにくわしい弁護士を見つけて相談してみてください。
きっとさまざまな解決方法を提案してくれるはずですよ。
自分のお金は消費者金融などの会社に取られてしまうのではなく、自分のために使いましょう。

 


【コラム】

タイムリミットがある過払いの請求
CFJなどに過払いを請求するには時間が定められています。
支払いから10年が経過してしまうとそれ以前に過払いが発生していたとしてもそれは認められず時効を迎えたという判断になってしまいます。

ですから、10年以上さかのぼることはできません。
過去10年までを考えて過払いがあるかどうか判断しましょう。

現在、利息制限法の中で貸付が行われてるところがたくさんありますが、以前は出資法という法律の上限金利内で貸付をされている方が多かったため、そのときに借りた方は多い金利を支払っていたことになります。

現在でも利息制限法以上の金利で貸し付けている業者もあるので、最近契約したからといって過払いがないわけではありませんから、まずは金利がどんな利率かを把握することからはじめましょう。

高松でも過払いがあるかないかと迷ったり悩んだりしてる方は多いといいます。
まずはお金を借りることが先行して金利をしっかり把握していない場合が多いので、まずはしっかりと把握しましょう。
自分の契約内容を知っておいて損をすることはありません。

弁護士に相談して意見を聞くのも良いですね。
電話相談やインターネット相談などを受け付けている弁護士に気軽に聞くことができるでしょう。
まずはそういった場所で聞いてみると良いですね。


【コラム】

自分の債務を知りましょう
自分の債務に関しての契約ってしっかりと把握されていますか?
CFJなどでお金を借り入れるときは、状況が苦しくて契約内容をしっかりと把握することを怠ってしまう方が多いです。
ですから、自分は毎月最低いくらと言われている金額を支払っているだけで、金利が何%かしらないという方も多いでしょう。

しかし、その金利は本当に利息制限法での金利なのでしょうか。
その金利、支払いすぎてはいませんか?

利息の利率にそってはCFJなどで過払いが発生してる場合があります。
利息制限法という法律では10万円以下が20%、10万円から100万円までが18%という上限金利があります。

それ以上の利息利率の場合は過払いが発生してるということになります。
金額によっても利息上限が違うので注意が必要です。

もし、100万円以上を借りてる方は18%以下の金利でなくてはいけません。

ちょっと前の出資法による29%の金利に比べると低いからと安易な気持ちで契約してしまってはいませんか?

今一度、自分の契約内容を見直してみてください。
もし支払いすぎてしまったお金があればそれは過払いとして請求することができ、元金を減らすことも可能です。

まずは高松で弁護士を見つけて相談をしてみると良いでしょう。
インターネットなどで無料相談を受け付けているところもありますから、利用してみてください。