100万円台の借金を抱え続ける10年間に過払い請求でピリオド

私はずいぶん長いこと借金と付き合っていました。

初めて借金をしたのはかれこれ10年以上も前のことです。

当時、私は競馬にはまっていました。

レースの予想をするのが楽しかったというよりは、お金を賭けることでストレス解消をしようとしていたのだと思います。

競馬にお金を使い過ぎて生活費が足りなくなったときにサラ金のCFJからお金を借り、借金に慣れてしまった私は、いつの間にか、借金をして競馬で遊ぶようになっていました。

 

結婚していて家族もいましたから、「借金を背負ったままではいけない、競馬はもうやめよう、真面目に借金を返していこう」と思うときもありました。

しかし、決意は長続きせず、「どうせ返しても完済まで2年以上かかるだろう、アホらしい、もっと借りて遊んでしまえ」という気持ちに負けてまたCFJで借金してしまうこともありました。

そんなこんなで、借りたり返したりを繰り返し、借金総額は100万円から200万円の間をいつもうろうろしていました。

今思えば私は、利息だけを取り続けようとするサラ金業者の目論見どおりの愚かなカモだったのだろうと思います。

 

そんな生活を続けていたある日、ふと、地下鉄の車内で債務整理に関する広告を見かけました。

自己破産で借金帳消し、などと書いてあったと思います。

そのとき、なぜだか、すべてがどうでもよくなって、自己破産者になるのも面白いかな、借金を返し続ける毎日も面倒だなと感じました。

 

それで、するすると引きずり込まれるように、弁護士に話を聞いてもらいに行きました。

弁護士と話をするまでは、どうしてこんなことになったのだろう、という思いでしたが、弁護士と話をして状況は一変しました。

弁護士が言うには、過払い請求というものをすれば、借金は完済できるし、さらに、払いすぎたお金があるからそれを返してもらえるということでした。

破産してすべてを失うことになるのかなと思っていたら、お金が手に入ると言われたのですから衝撃的でした。

 

その後は、弁護士に言われるがまま手続きを進めていき、気がつけば過払い金が50万円が手に入っていました。

今でも、信じられないような思いがありますが、今から振り返れば、私はあまりにもCFJなどのサラ金から利息を搾り取られていて、無駄に苦しめられていたのだなと思います。

もし、弁護士に相談しなければ、しなくてもいい返済をずっと続けていたのかなと思うと恐ろしいですし、相談して過払い請求して心底よかったと思っています。

 

ともかく、今は借金とはおさらばして、すっきりした気持ちで過ごせていて満足しています。

【関連情報】
日本司法支援センター 法テラス