プロミスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】サラ金などに借金をしたことがあり,「自分にも過払い金が生じているかもしれない」と感じている方は,多くいると思われます。 そのような方は,どの弁護士に相談したらいいのか,評判の良い弁護士は誰か,という点が気になると思います。

インターネットの検索でも,評判の良い弁護士,悪い弁護士とありますが,必ずしも当てになるものではないことに注意する必要があります。 まず,消費者金融などから「過払い金」の取り戻しに成功し,非常に良い体験をした方が,弁護士の評判を記すことに強いインセンティブが働くことが少ないことが理由となります。

弁護士に依頼をして,過払い金の取り戻しに成功した方は,失敗した方よりも圧倒的に数が多いものの,「この弁護士で良かった!」という極端な情報を見ないことからも明らかだと思われます。

逆に,弁護士との相性が悪かったなど,何らかのトラブルが生じてしまった場合,悔しさやうっぷんを晴らすことが目的となり,センセーショナルな情報の書き込みをすることが多くなります。 しかし,悪い情報の書き込みをされた弁護士の中には,非常に有能で数多くの過払い金事件を解決されている先生も多くなります。

弁護士の評判は参考程度に受け止め,自分の目で確かめるようにするのが賢明でしょう。

弁護士紹介

【コラム】消費者金融やクレジットカードによる借金がある場合,利息制限法に基づく金利の引直計算をすることで,過払い金であるかどうかの確認ができます。
そして,生じていたら,弁護士に相談し,返還請求を依頼することもできます。
ここで,弁護士報酬については,法律事務所ごとに規定されていますが,主に,「着手金」,「成功報酬」,「減額報酬」,「実費」の4つからなります。
着手金については,請求の成功・不成功に関わらず支払うことになるので,「着手金不要」としている弁護士に依頼すると良いでしょう。
また,裁判となった場合など,印紙代などの実費がかかることもあります。
減額報酬については,分かりにくいかもしれませんが,返済中の借金の引直計算をした結果,借金が残るケースを言います。
たとえば,現在の借金が200万円あり,引直計算をした結果,借金の残高が50万円に減額できたものの,過払い金とはなってなかった,という状況で発生する費用です。
この場合,借金の減額や将来利息のカットなどを債権者と交渉しますので,それについての費用が減額報酬となります。 過払い金の依頼に関する費用について,弁護士に問い合わせてみることもできます。

【関連情報】
香川県弁護士会ホームページ