プロミスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

取引を継続している人は今でも過払い金が発生し続けている可能性あり

■現在のプロミスの金利
プロミスの無担保ローンは、フリーキャッシングプランという名称で、融資の上限は300万円、利息は実質年率で6.3%~17.8%です(2013年3月現在)
上記の利息は、法定利息の範囲内なので、フリーキャッシングプランを利用しても、現在では過払い金金は発生しません。

 ■グレーゾーン金利が完全撤廃されたから安心とは言えない
2006年12月13日に貸金業法が改正されて出資法の上限金利が20%に引き下げられ、2010年6月18日より改正貸金業法が完全施行されたので、ついにグレーゾーン金利が撤廃されました。
しかし、2010年6月18日以前の借入で法定利息を超えた場合、この日を境に貸金業者が利息の引き下げを申し出てくれるわけではありません。
法律の効力が生じるのは、あくまでも法律が施行された日より後のことです。
そのため、プロミスに10年くらい返済を続けている人は、本来なら払う必要のない法定利息を超えた高い利息を今でも払い続けている可能性があります。

  ■利息に敏感になって過払い金を取り戻そう
このように、グレーゾーン金利が撤廃されたと言っても、安心できなので、まずご自分が何%の利息で払っているか見直しましょう。
すでに債務残高より多くお金を払っている場合は、過払い金請求をすれば一挙にプロミスに対する借金がゼロになります。
自分には,払いすぎ分があるのか、あるとすればいくらか?

過払い金の請求で悩んでいる人は、弁護士の無料相談を利用してアドバイスを受けましょう。

【関連情報】
日本司法支援センター 法テラス