プロミスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

【コラム】過払いを請求することで自分のお金が戻ってくる
自分のお金はとても大切なものですよね。
もし、それを誰かに取られてしまったらどうしますか?

もちろん取り返したいというのが普通だと思います。
では、過払いはどうでしょうか。

過払いはプロミスなど消費者金融に支払いすぎてしまったお金のことです。
金利が高かったときに支払いすぎてしまったりしていませんか?
そういった払いすぎてしまったお金が自分から請求しないことには戻ってきません。
相手側のプロミスからわざわざ連絡があるなんてことはありませんから、自分で把握し計算していくらと請求しなければならないのです。

ですから黙っていてもお金は戻ってきません。

しかし、自分で請求するには時間もかかりますし、知識をつけるために勉強しなくてはなりませんよね。
相手との交渉も自分でしなければいけないので、慣れている相手は足元を見て交渉に応じてきますから注意しなくてはなりません。

しかし、弁護士に依頼するとそういったこともなく、ほとんどのことをやってくれるので最後まで自分で出番なく解決してくれることも多いですから頼んでしまうのが一番の近道かもしれません。

高松にも過払いに関して詳しい弁護士がいますからまずは相談してみてはいかがでしょうか。
返還されるまでしっかりと交渉や手続きをしてくれることでしょう。


【コラム】過払いがあるかわからない…
自分にはプロミスなど消費者金融で過払いがあるかもしれない…でもインターネットなどで調べてもイマイチ理解できずわからない…といった場合はどうしたら

良いでしょうか。

そういった場合にはまず相談をしてみると良いでしょう。
高松にも過払いに詳しく実績のある弁護士がいます。
その中でも相談を無料で行っている弁護士などを選択して気軽にまずは過払いの相談に行くべきです。

相談にいくときは今手元にある資料はすべて持って行きましょう。
ローンカードや契約書、支払い履歴がわかるものなどあるものはすべてです。
印鑑なども持っていくと良いですね。
あらかじめどんな書類や資料が必要かを聞いておくと良いでしょう。
しかし、プロミスとの契約書もカードも支払い領収書も破棄してしまった、紛失してしまったという方でも大丈夫です。
再発行をすることができますし、照会をすることも可能ですから、そういったときはどこの会社からいくら借りていつ頃契約をして返

済がいつ終わったか、残債はくらあるかなどをメモにまとめて弁護士に提示できるようにしていきましょう。

相談の時間を無駄にしないためにも必要なものはできるだけもっていくとスムーズです。

過払いは自分のお金ですから請求して、返還してもらいましょう。
残債がある場合でも請求し、元金を減らすこともできますよ。


【コラム】現行の金利でも過払いは発生してる場合がある
少し前に法改正がされ、金利が見直されたことによりプロミスなど消費者金融なども利息制限法の上限金利の中で貸し付けてるところが多いと考えられがちですが、未だ利息制限法以上の金利であり出資法の上限金利内で貸し付けているカードローン会社があります。

今一度自分の契約してる金利がどれだけの金利かを把握する必要があります。

利息制限法は金額によってその上限が違うので、金額が小さければ小さいほど金利は大きく、金額が大きいほどにその利率は下がっているはずですので確認をしたほうが良いでしょう。

利率が大きい場合、それは過払いをしてる可能性があります。
長い月日の返済をしてるほど過払いは発生していますから確認が必要です。

残債がある場合でもプロミスに過払いを請求することができます。
もちろんそれを充てることで元金を減らすことができます。

高松にも過払いを請求したいと検討してる方が多くいらっしゃることでしょう。
そういった方はまず高松の弁護士を探し、無料相談などが受けられる弁護士を探して気軽に相談に行ってみてください。
きっと過払いをどうするか相談に乗ってくれると思いますし、きちんとした計算をしてくれますよ。

自分ではイマイチわからないという方も多いと思います。
弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。