プロミスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

プロミスの自動契約機から過払い金は戻ってきません

■土日・祝日も稼働しているプロミスの自動契約機
プロミスは、全国に自動契約機を設置しており、土・日・祝日も含めて午前9時から午後8時まで受け付けています。
希望する借入が50万円以上、もしくは希望借入額と現在の借入の合計が100万円以上の場合は収入を証明する書類の提出が求められます。

 ■自動契約機の主な機能は審査と会員カードの発行
誰にも会わずに会員手続きができる自動契約機ですが、主な機能は入会希望者の審査ですから、有人店舗で行うのと同じようにきちんと審査が行われます。
他に、契約内容の変更、カードの再発行、暗証番号の変更などの手続きも自動契約機ですることができます。

■自動契約機に返金の関する紹介機能はない
プロミスと長い間取引をしていて過払い金が発生している可能性がある場合、まずどのくらいお金を払い過ぎているか知りたいと思いますが、自動契約機には返金手続きの紹介機能はありません。
プロミスに払取引履歴の開示請求をして、初回から最後の返済まですべてに法定利息をあてはめて計算をやり直す「引き直し計算」をしなければ、過払い金の額はわかりません。
消費者金融がこの作業をやってくれることはないので、自分で資料を取り寄せて計算しなければなりません。

 払いすぎがあることが判明したら、プロミスを相手に返還交渉を進め、話し合いで合意に達しない場合は訴訟の場で争うことになります。
ここまでしなければ消費者金融に払い過ぎたお金は戻ってこないのです。

 あなたは、この手続きをすべて自分ひとりで行う自信がありますか?

大事なお金を少しでも多く、確実に取り戻すためにも、過払い金は弁護士に相談しましょう。

【関連情報】
日本信用情報機構(JICC)
指定信用情報機関(CIC)