プロミスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

プロミスで過払い金が発生する条件は?

■プロミスに払い過ぎの目安
プロミスで長年取引をしていた人は、高い利息を払い過ぎて過払い金が発生している可能性があります。
払いすぎになっている目安となる利息は以下の通りです。
借入が10万円以下で利息が20%を超えている
借入が10~100万円で利息が18%を超えている
借入が100万円以上で、利息が15%を超えている

 ■借入額によって発生する利息が変わる理由は?
消費者金融が法定利息を超えた「グレーゾーン金利」と呼ばれる利息を取っていたために払いすぎの問題が発生しました。
法定利息は、上記のように借入金額によって3段階に定められているので、払いすぎになるかどうかは、貸金業者1社ごとにそれぞれいくら借りているかによって決まります。

  ■グレーゾーン金利が撤廃される前から借りていた利息は今でも高いままか?
プロミスのホームページを見ると、利息制限法を超える金利借りている顧客は、所定のお手続きをすると金利の引き下げが可能であると書いてあります。
「利息を下げてくれるとはずいぶん親切だ」と思うかもしれませんが、ここに落とし穴があります。
・利息制限方を超える金利で契約中の顧客がみずから申し出ないと利息は下がらない
・利息を下げてくれても、過払い金を清算して払い戻してくれるわけではない

 消費者金融が進んで過払い金の返還を申し出ることはありません。

上記の発生条件に当てはまる人は、弁護士に相談してプロミスに払い過ぎたお金を取り戻しましょう。

【関連情報】
高松地方裁判所ホームページ