プロミスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

プロミスの審査と過払い金の請求に関係がある?

■プロミスの審査を受ける条件は?
プロミスのサービスを利用するには審査を受けなければいけません。
年齢が20歳以上、69歳以下であること、主婦や学生の場合はアルバイトなどの固定収入があること、現在借入金やクレジットカードの支払いに遅延や滞納がないことなどの条件をクリアしていることが必要です。

  他社からの借入状況について虚偽の報告をしても、加盟している信用情報機関から情報を得るので、ウソの報告をしたことがわかってしまいます。
プロミスの指定信用情報機関は、日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)です。

 ■信用情報機関を公開しているわけは?
貸金業法第41条の37第1項は、加入指定信用情報機関の商号等の公表を定めています。
そのため、プロミスに限らず消費者金融は内閣総理大臣より指定信用情報機関として認可を受けた信用情報機関名を公表しています。

 ■審査に影響する?
他社に過払い金が発生しているからといって、プロミスの審査にただちに影響が出るわけではありません。
それよりも,借金を返済中であれば月々の返済をきちんと行っているかどうかが大事です。長期の延滞は信用情報に登録されるので審査に影響するからです。

  ■審査を気にせず過払い請求
消費者金融の審査は、これから新たに取引をはじめようという人のために行うものであって、過払い金請求とは無関係です。
これからどのようにしてプロミスに払いすぎた分を返してもらおうか悩んでいる人は、弁護士の無料相談を利用して助言を受けましょう。

【関連情報】
日本信用情報機構(JICC)
指定信用情報機関(CIC)