払いすぎた借金は早めに取り戻したほうがいいです

私は若い頃から人といろいろな付き合いがあり、その度にお金を使ったりしていたので時には生活費が足りなくなることもありました。

しかし私はそういう場合でも消費者金融のレイクを利用してお金を借りれば生活費が足りなくなっても問題ないと思っていたので、どんどん人との付き合いでお金を使ってしまい、それによって足りなくなった生活費はレイクを利用してお金を借りることで対応していてこれを10年以上続けていました。

 

しかし消費者金融から1回借りる金額はそれほど多くなくても、それを何回も借りれば借金の額は増えてしまいます。また借金をした場合には利息もつけて返済する必要があるので利息を合わせるとかなりの借金の額になってしまいます。

私も消費者金融から借りる金額は1回につき数万円ですが、10年以上借りていたので元本と利息を合わせると100万円以上の借金になってしまいました。

100万円以上の借金を返済するにはそれなりの高収入を得ている人でないとなかなか難しく、私のようなあまり高収入を得ていない人にとっては返済するのはかなり難しい状況でした。

そのため私は債務整理を弁護士にしてもらうことにしました。

 

そして債務整理を弁護士にしてもらうためにはまず弁護士と相談する必要があるので、私はいろいろな種類を持って弁護士に債務整理の相談をしました。

そうしたら10年以上借金と返済を繰り返しているので過払い金が発生している可能性があるので早めに手続きしたほうがいいとのことでした。

なぜなら過払い金には時効があり、時効にかかってしまうと過払い金を返してもらうことができないからです。

そのため私はすぐに過払い金返還請求をしてもらうために債務整理の手続きを弁護士にお願いしました。

 

そして私が債務整理の手続きを依頼した弁護士は債務整理の手続きを数十年こなしているベテランの弁護士なので手際よく手続きをしてくれ、私の正確な債務の額をすぐに出してもらうことができました。

そして私の債務の額は無くなり、過払い金も80万円程発生していました。

そのため私は弁護士にすぐに過払い金返還請求をしてもらうことにしました。

 

そして弁護士は私が借金した消費者金融のレイクに対して過払い金返還請求をして、その後何度か過払い金の返還額を交渉して過払い金のほぼ全額であるちょうど80万円を取り戻してくれ、その過払い金から弁護士報酬を支払い、残りの数十万円の過払い金が自分のところに返ってきました。

 

借金が無くなるだけでなく、数十万円のお金が返ってきて私は今最高の気分です。

【関連情報】
多重債務の相談窓口_国民生活センター