レイクの審査を受けなくても過払い金の請求は可能です

■審査に受かるとレイクのサービスが利用可能になる
レイクの利用がはじめてで年齢が満20歳以上65歳以下の国内居住者は、自分のメールアドレスを持っていればレイクの審査に受かられます。
審査に受かればレイクのカードローン(無担保ローン)を利用できます。
融資の上限は500万円で、貸付利率は4.5%~18.0%です。

 現在、法定利息の上限は20%なので、現在レイクで借入をしても過払い金は発生しません。

■昔レイクと取引があった人は?
新生銀行の傘下に入る以前からレイクと取引があり、すでにレイクカードを持っている場合は、新生銀行グループになったレイクで再度審査を受けなくてもレイクのサービスを利用できます。
会員ページにカード番号または会員番号と暗証番号を入力してログインします。

 すでにレイクに完済していて残高がゼロの人は、融資可能な金額がわかります。
債務残高があり返済中の人は、すぐにサービスが利用できます。

 ■審査の結果と過払い金の請求は無関係
昔レイクと取引をしていたが、完済後に退会手続きを済ませた場合は、すでにカードが無効になっているので、もう一度審査を受けなければサービスを利用できません。
しかし、審査を受けて会員になっているかどうかは、請求結果を左右しないので、わざわざ審査を受ける必要はありません。
いくら発生しているか調べてからレイク(新生フィナンシャル)に返還請求をすることになります。
請求に対する消費者金融の対応は、時勢の変化に応じてどんどん変わります。
少しでも有利にお金を取り戻したいという方は弁護士に相談しましょう。

【関連情報】
金融庁ホームページ