ギャンブル漬けの毎日

※この体験談は,当事務所の取り扱い案件ではなく,世間一般の方からお寄せいただいた一般的な体験談です。


若い頃にサラ金でお金を用立てたことがあります。

あまり正確には金額を憶えていないのですが、100万円弱だったと思います。

最初は20万ほどで足りたのですが、そもそもその発端はギャンブルにハマっていたからで、そんな理由でしたからなかなか返すに返せない状況でした。

今思えばほとんど病気じゃないかというほどギャンブル漬けの毎日で、一応会社勤めはしていましたが仕事が終わればギャンブルへ、休みなら朝から晩まで一日中です。

もちろんやめなければと頭の中ではわかっているのですが、その時の私はやめることよりも取り戻すことに躍起になっており自制心の欠片もありませんでした。

そろそろ打つ手が無くなってきたと感じるようになりサラ金で借りたのですが、借りたお金が手に入るとまたホッとしてしまい、それがいつの間にか膨れてしまったのです。このころには,自分が過払い金を将来,請求するとは思ってもいませんでした。

100万というのが微妙に返せそうで返せない額で、その頃手取り20万でボーナスも6ヶ月くらいはありましたし、何とかなるかと思っていたのですがどうしても計画通りには進まないまま何ヶ月か経っていました。

その時救いの手が差し伸べられました。

仕事で他の会社から誘いが来たのです。

さすがにそれを逃しては精神衛生上も良くないと思い、会社を移りギャンブルもなんとかやめました。

今でこそ借金できる限度額が規制されていますが、もしその頃そのまま仕事も変わらずに続けていたら、おそらくギャンブルもやめられずに破産の道を歩いたかもしれません。

仕事先を移ってすぐあまり借金の事が頭にあるのは良くないと思い、家にある物で高く売れるアンティーク品や洋服などを買い取ってくれるお店に処分し、ある程度返済にあてましたのでその後の数ヶ月で返しましたが、一つだけ今でも後悔することがあります。

当時付き合っていた彼女、私があまりにもギャンブルばかりしていたので、愛想を尽かしていなくなってしまいました。

結婚まで考えていた相手でしたので、その後しばらく立ち直れませんでした。

また随分苦労して集めた趣味のアンティーク品は今どこの誰が所有しているのか、時々懐かしく思い出すこともあります。

 

 


借りる時は本当に考えて借りなければならない

WEBでキャッシング

払えると油断してしまい…

パチンコに狂う毎日

もうあの失敗は絶対に繰り返さない

不況のあおりで仕方なく…

原因はFXでの失敗から

パチンコ依存症で借金を

持病が悪化したのが原因で借金を…

ほんの2万円。でもそれがすべての借金生活の始まりなんです。

借金は250万円

いわゆる多重債務者でした

借りるのは簡単ですが返すのは本当に大変

夫に消費者金融での借金が発覚

ギャンブル漬けの毎日

子供の学費の為に借金

転職先の給料が出るまでの生活費を借金

クレジットカード払いが引き金

消費者金融の自動契約機に足を運んだ

引越し費用を借金

半信半疑で大手金融会社の窓口に

徐々に金銭感覚は麻痺

パチンコをして勝てば返すけど負ければまた借りよう

彼女ができて借金を