引越し費用を借金

※この体験談は,当事務所の取り扱い案件ではなく,世間一般の方からお寄せいただいた一般的な体験談です。


大学を出て、就職をして直ぐの事。大学の友人とルームシェアをしていました。

卒業してから付合いが減り、職場も別々で、それぞれの道へ行こうということになりました。

部屋から出る為、引越し費用を捻出しなければいけませんでした。

大学の初任給では、直ぐに引っ越す為の資金は貯まりません。

 だから、その時に初めて消費者金融を利用しました。

お金が無いのに何故と思われるかもしれませんが、友人には変なプライドが邪魔して、「金が無い」なんて言えませんでした。

 消費者金融から借りたお金を使って引越しをしてからしばらくして、「利用額の増枠をしませんか?」という勧誘の電話がありました。

特に断る理由も思いつかなかった為、了承して上限額が倍の20万円になりました。このころには,自分が過払い金を将来,請求するとは思ってもいませんでした。


 当時は、その利用枠が自分のお金だと勘違いしていたのだと思います。

引越し費用の返済が終わる前に、次の借入れをしてしまいました。

物欲は止まることなく、安いながらも次々と買い物をし続けました。

 そして、また増枠の勧誘があり、上限額を上げました。

そんな事を何度も繰り返して、意識はしていたものの借金は膨らみ、約50万円の借金を抱えるまでになってしまいました。

 社会に出たばかりの若造に、それほどの金額は重過ぎました。

他に頼れる人が居なかった為、恥を忍んでルームシェアしていた友人に泣きつき、30万を借りて返済に充てました。

 それからは、先に消費者金融への返済を優先し、友人への返済は最後になりました。

「最後に返済してくれれば、これ以上余計な借金をしなくて済む」だから、最後でいいと言ってくれたのです。

 金の切れ目が縁の切れ目なんていいますが、お金が元でより深く親睦を図ることができた経験でした。今では、大学生のあの頃のように、時々会って語り合っています。

友人が友人であることに心から感謝しています。


 

 


借りる時は本当に考えて借りなければならない

WEBでキャッシング

払えると油断してしまい…

パチンコに狂う毎日

もうあの失敗は絶対に繰り返さない

不況のあおりで仕方なく…

原因はFXでの失敗から

パチンコ依存症で借金を

持病が悪化したのが原因で借金を…

ほんの2万円。でもそれがすべての借金生活の始まりなんです。

借金は250万円

いわゆる多重債務者でした

借りるのは簡単ですが返すのは本当に大変

夫に消費者金融での借金が発覚

ギャンブル漬けの毎日

子供の学費の為に借金

転職先の給料が出るまでの生活費を借金

クレジットカード払いが引き金

消費者金融の自動契約機に足を運んだ

引越し費用を借金

半信半疑で大手金融会社の窓口に

徐々に金銭感覚は麻痺

パチンコをして勝てば返すけど負ければまた借りよう

彼女ができて借金を