借りる時は本当に考えて借りなければならない

※この体験談は,当事務所の取り扱い案件ではなく,世間一般の方からお寄せいただいた一般的な体験談です。


私は28歳からお金を借りて、完済したのが35歳の時でした。完済した今、思うのは、「借りる時は本当に考えて借りなければならない」ということです。いい人生勉強になりました。

 28歳の時、会社勤めをしていた私は、毎月、給料が入るのでいい気になっていました。その頃からネットショッピングにハマり、オーク ションで 品物を競り落としたり、中古品を買い漁る生活を続けていたのです。ショッピングだけではなく、会社帰りのパチンコで資金がなくなった時、ついつい消費者金 融のカードでATMからお金を借りていました。

 そうしていたある日、どうも口座から引かれるお金が多いことに気づきました。その額、毎月5万円。驚きました。私はいつの間にか、 キャッシン グで70万以上の借金をしていたのです。ネットショッピングの場合、ワンクリックで物が買え、請求は翌々月なので、実感がなかったのです。さらにクレジッ トカードも持っていたので、ショッピングの請求に合わせて消費者金融からお金を借り、そちらに回すことも行なっていました。まさに自転車操業でした。

 そこから私は急いで「リボ払い」の手続きをし、ひと月あたりの返済額を4万程度に抑えるとともに、絶対にこれからは使わないぞと決意 したのも 束の間、今度は会社をクビになり、収入のあてがなくなりました。間の悪いことに実家暮らしだった私は、請求が来ているのが両親にばれ、こっぴどく怒られ、 そこからは絶対にカードを使わずに返済だけをしていく生活にしました。簡単に会社も見つからなかったので、当時から副業として行なっていたネット収入を広 げて、さらに在宅ワークなども行い、必死に仕事をしました。過払い金の対象になる事も知り、つい先月、借金を全額完済しました。

 「完済できたんだ」という充実感と、激しい後悔の念が私を襲いました。もう二度と、自分の領分をわきまえないでお金を借りるのは止め ます。消 費者金融でお金を借りる時は、自分の給料袋の3分の1ぐらいの金額にとどめておくべきなのだと、35歳になった今、本当に知ることが出来ました。高い授業 料でしたが、学べて良かったと思っています。

 


借りる時は本当に考えて借りなければならない

WEBでキャッシング

払えると油断してしまい…

パチンコに狂う毎日

もうあの失敗は絶対に繰り返さない

不況のあおりで仕方なく…

原因はFXでの失敗から

パチンコ依存症で借金を

持病が悪化したのが原因で借金を…

ほんの2万円。でもそれがすべての借金生活の始まりなんです。

借金は250万円

いわゆる多重債務者でした

借りるのは簡単ですが返すのは本当に大変

夫に消費者金融での借金が発覚

ギャンブル漬けの毎日

子供の学費の為に借金

転職先の給料が出るまでの生活費を借金

クレジットカード払いが引き金

消費者金融の自動契約機に足を運んだ

引越し費用を借金

半信半疑で大手金融会社の窓口に

徐々に金銭感覚は麻痺

パチンコをして勝てば返すけど負ければまた借りよう

彼女ができて借金を