徐々に金銭感覚は麻痺

20代の前半から消費者金融を利用し始めました。はじめに利用したのは、大手の業者からで、利用可能額は5万円でした。1年ほど利用すると10万円まで利用可能となり、2年後には30万円と年々利用可能額は増額されていきました。

 毎月の返済は行っていましたが、利用可能額以内の金額は、繰り返し入出金を行う事が出来るので、利息のみの返済に留まっていた ので、元本が減る事はありませんでした。非常に気楽に使用する事が出来るので、借りているお金であるのを忘れてしまい徐々に金銭感覚は麻痺していきまし た。

 20代の後半には、複数の業者から合わせて300万円の融資を受けているという状況となってしまい、毎月の必要入金額は10万円を超えるようになっていました。さすがにこうなると身動きをとる事は出来なくなったので、少しずつでも返済する事にしました。このころには,自分が過払い金を将来,請求するとは思ってもいませんでした。

 当時の毎月の収入は20万円ほどであり、利息の支払いで半分が消えてしまうという状況となっていました。どこから返済したら良いのかについて考えた結果、まずは一つの業者に集中して返済を行う事にしました。

 全ての業者に入金した後に、利息を除いた分は再び引き出す事が出来ます。その金額を一つの業者に返済するという方法をとりまし た。トータルで2万円ほどを返済する事になります。さらに毎月余ったお金が出た場合には、たとえ1000円であっても返済するという事にしました。

 およそ1年半ほど掛かって一つの業者を完済する事が出来ました。業者を一つ減らしただけで毎月の入金に必要な金額は8万円ほどにまで下がりました。しかし返済する金額を減らさずに、さらに毎月別の業者に絞って返済する事にしました。

 こうやって支払いを積み重ねた結果、約10年かかって全ての業者の借り入れをゼロにする事が出来ました。利用し始めてから消費 者金融に支払った金額は、1000万円を超えている計算になります。これだけのお金があれば何が買えたのかと考えると虚しくもなりましたが、最後の業者を 完済した瞬間には、何かをやり遂げたという達成感がありました。

 

 


借りる時は本当に考えて借りなければならない

WEBでキャッシング

払えると油断してしまい…

パチンコに狂う毎日

もうあの失敗は絶対に繰り返さない

不況のあおりで仕方なく…

原因はFXでの失敗から

パチンコ依存症で借金を

持病が悪化したのが原因で借金を…

ほんの2万円。でもそれがすべての借金生活の始まりなんです。

借金は250万円

いわゆる多重債務者でした

借りるのは簡単ですが返すのは本当に大変

夫に消費者金融での借金が発覚

ギャンブル漬けの毎日

子供の学費の為に借金

転職先の給料が出るまでの生活費を借金

クレジットカード払いが引き金

消費者金融の自動契約機に足を運んだ

引越し費用を借金

半信半疑で大手金融会社の窓口に

徐々に金銭感覚は麻痺

パチンコをして勝てば返すけど負ければまた借りよう

彼女ができて借金を