ニコスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】利息制限法の制限利率を超える金利により「ニコスの過払い」が発生します。
ニコスの過払いは,簡単にいうと,違法な金利による返済を継続していると,法律上は,借金がなくなっているのに,さらに返済させられている状態になることを意味しています。
このお金は,高松などの弁護士に依頼して取り戻すこともできますが,発生した時点からの金利を付けて請求することが一般的です。
ここで,利息を付けて請求できるのは,業者が「悪意の受益者」であることが認められるからです。
悪意の受益者とは,サラ金やクレジット会社が「本来受け取ることができないお金だった」ということを知っていた上で,返済を受けていたことを意味します。
一般的に使用する,善意・悪意の「悪意」とは意味が異なり,法律上の悪意は,ある事実を知っていたことを意味するものです。
ニコスの過払いの場合は,グレーゾーン金利が違法なものであるということを認識していたという「悪意」が認められますので,利息を付けて返還請求することができるわけです。
もっとも,業者に対する返還請求は,難易度の高い手続きになることも多く,実績の多い弁護士に依頼することが必要になります。
弁護士による無料相談などを利用し,まずは,自分にニコスの過払いが生じているかどうかを確認するようにしてください。

弁護士紹介

【コラム】ニコスの過払いが生じてしまった理由は,貸金業者の設定していた「グレーゾーン金利」であると言われています。
ニコスの過払いのグレーゾーン金利の意味を理解するには,業者が守るべき法律に「利息制限法」と「出資法」の2つを理解することがポイントになります。
まず,利息制限法では,第1条に利息の契約の上限についてのルールが規定され,それを超える金利は,超過部分について無効であるとされています。
そして,利息制限法による制限利率は,(1)元本の額が10万円未満の場合,年20%,(2)元本の額が10万円~100万円未満の場合,年18%,(3)元本の額が100万円以上の場合,年15%,となっています。
また,出資法にも制限利率の規定があり,当時の利率は年29.2%までとされていました。
高松のサラ金などは,利息制限法も出資法も守る必要がありますので,制限利率の低い利息制限法の範囲内で貸付を行う必要があることが分かります。
しかし,利息制限法に罰則規定がないことから,サラ金やクレジット会社などは,総じて「利息制限法に違反し,出資法の制限利率の範囲内」の利息で貸付をしていました。
この利息制限法と出資法の制限利率の中間の利息を「グレーゾーン金利」といい,ニコスの過払いが生じる原因となっていました。

【関連情報】
三菱東京UFJ銀行のホームページ