ニコスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

ニコスの過払い体験談1

ニコスを利用していました。はじめは軽い気持ちでやっていたのです。給料日の前などに、軽く2、3万円くらい借りるくらいでした。ところが、そんな生活をおくるうちに、借りることになれてしまっていて気づけば、利用限度額いっぱいまで借金が膨らんでいました。

そのときの毎月の返済は5万円くらいでした。でも、5万円を払ってまた生活をしていくのは苦しかったです。飲み会などが重なると、ついまたニコスでお金を借りるというサイクルでした。正直、このときの生活は苦しかったです。お金がないと、精神的にもかなり追い詰められていくんですね。働いても、働いても、お金が増えていかないどころか、借金がたいして減らないことに、いら立ちを感じていました。

そんな生活が5年ばかり続きました。当時つきあっていた彼女に、将来の結婚のことを考えておつき合いするのなら、借金を完済するようにいわれたんですね。こちらとしても、借金はしたくてしているわけではありません。返せるものなら返している。すぐには無理だといいました。すると、いろいろと相談に乗ってくれました。いままで格好悪くて借金のことは人に相談したことはありませんでした。このときが、人と正面から借金について話したはじめてのことだったと思います。話しあううちに、過払い請求してみてはどうだということになりました。

過払い請求について、インターネットでいろいろ調べてみました。なんとなく仕組みはわかりましたが、正直いって、自分でやるとなると難しくてよくわからないところもありました。それで、専門家のかたに聞いてみようということで、弁護士のかたに相談しました。

このときは緊張しました。もし、自分がニコスに過払いしていなかったらどうしようとか、そうだとすればどうやって借金を返していこうなど、ネガティブなことばかり考えていました。でも、いざ相談してみると、驚いたことに、40万円近くの過払い金があることがわかりました。

40万円があれば、生活が立てなおせそうでした。そう思うと、なんだか世界がひろがったような気がしてくるんですね。いままで借金のことばかり考えていましたが、そうではなくて、このお金を使ってなにをしようかと、考えることができたのです。 弁護士のかたにいわれたように、資料をそろえました。それから、ニコスからお金が返ってくるまでには、数ヶ月がかかりました。40万円という額が本当に自分のものになったときには、信じられない思いでした。

【関連情報】
金融庁ホームページ