ニコスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

ニコスの過払い体験談3

自己破産をしようと決心していましたが、よく調べてみたところ過払い金があることが分かって、寸前のところで自己破産を免れました。

小さな飲食店を経営していましたが、ある時、自分の不注意からその飲食店で火災を起こしてしまいました。

延焼した隣の家への補償やお店の改装、生活するためのお金を当面なんとか工面するため、いくつかのニコスに数年前から借入れを行って、その借入の合計の金額は100万円超えるまで膨れていました。

その当時、なかなか再度営業を行うめども立たなかったので、ほとんどお金も入ってきませんでした。

そのような事態では、借金は返すことができないばかりか、むしろ増加していく一方でした。

まったく先の見通しも立たなくなったので、妻ともいろいろ相談した結果、最終的に自己破産をしようということになりました。

そのため、自己破産について相談をしたいと思って、弁護士事務所を訪ねました。

弁護士事務所に行って、弁護士の方と相談をしたところ、「まず、先に過払い金が発生していないか、自己破産をする前にチェックしてみましょう」ということになりました。

それまで、借りたお金の利息をニコスから言われるままに払っていた自分たちは、過払い金というものがあるということさえもまったく分かりませんでした。

 

取引期間や利息から考えても、初めのうちにお金を借りた3つのローンには、過払い金がある可能性が大きいということでした。

そのため、弁護士の方が、すぐにニコスに対して取引履歴を開示してもらうよう要求してくれました。

その結果、過払い金が、1つ目のローン契約においては約40万円、2つ目のローン契約においては約25万円、3つ目のローン契約においては約20万円もあることが分かりました。

そこで、過払い金の返還請求の手続きを弁護士の方にお願いした結果、残りの2つのローン契約は、その返還された過払い金ですべて返すことができ、自己破産を免れました。

自己破産の場合には、ローンや借金が一定期間は使えないことは分かっていましたので、自己破産を決心してもそれからの暮らしが大変心配でしたので、本当によかったです。

過払い金の返還請求ができて、本当に助かりました。 プロの弁護士の方にニコスの過払い金の返還請求をお願いして本当によかったと、今では思っています。

【関連情報】
金融庁ホームページ