ニコスの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】香川・高松などのサラ金などから借金をしたことがある方は,「自分にいくらのニコスの過払いが生じているのだろう?」という期待や不安があると思います。
より具体的には,「いくら返金されるのか」という点が気になり,ニコスの過払いが生じる目安や平均の返還額なども調べていることがあります。
しかし,いくら返金されるのかを確認するためには,「ニコスの過払いがいくら発生しているか?」「請求する業者はどこか?」などによっても異なります。
とくに,貸金業者によっては,非常に経営状態が悪化していることで,多少の譲歩をしてでも早期解決が望ましいこともあります。
たとえば,返済しすぎたお金が250万円あり,利息を含めて300万円の請求額となる場合でも,最終的に入金される金額は業者ごとに異なります。
比較的,経営状態が良好な業者の場合で,請求額の90%の返還という内容で和解が成立した場合は,270万円から費用を差し引かれた金額が入金されます。
しかし,経営状態が厳しく,控訴までしてくるような業者の場合,裁判となる前に70%の和解を成立させてしまうことも検討できます。
このように,ニコスの過払いの発生額は同じでも,業者により返還される金額が異なることもあります。 業者ごとの違いについては,弁護士に確認することができますので,無料相談などを利用して理解を深めておくこともできます。

お客様の声

 

【コラム】香川・高松などのサラ金に借金をしたことがあり,ニコスの過払いの発生を確認する場合,業者から取引履歴を取り寄せる必要があります。
取引履歴は,サラ金などとの契約時から最後の返済までの,すべての借入・返済について記録されたものです。
この取引履歴を元に,金利の引き直し計算をすることで,業者に対して請求する金額が確定することになります。
取引履歴の開示請求の方法については,貸金業者ごとに異なりますので,個別に電話で問い合わせをする必要があります。
通常は,電話または郵送で請求し,請求から1カ月程度で送られて来ます。
そのため,弁護士に相談する前に,自分でニコスの過払いの計算をしてみたいという場合は,取引履歴を自分で取り寄せることも不可能ではありません。
以前は,個人で請求した場合に貸金業者が取引履歴の開示に応じなかったり,開示されても不完全な状態で開示されることもありました。
現在でも,一部の業者については,取引履歴の部分開示しか応じないケースもありますが,以前よりは開示に応じるケースが多くなっているようです。
もっとも,取引履歴の開示請求などは,ニコスの過払いの弁護士にしてもらうこともできますので,少しでも不安がある場合は,任せてしまうのも一つの方法となります。