OMCの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】消費者金融やクレジット会社に何年も返済を続けていると,OMCの過払いが生じることが指摘されています。
これまでの貸金業者は,利息制限法の制限利率を上回る金利を設定していましたので,超過金利分の返済は無効となり,法律上は,元本の返済に充当計算することができます。
そのため,貸金業者の主張する借金の残高と,法律上の借金の残高にはズレが生じることになり,返済期間が長くなると,いずれ,借金の残高がマイナスになります。
この状態がOMCの過払いになりますが,返済しすぎたお金については,貸金業者に対して返還請求をすることができます。
ここで,返還請求に必要になる書類に「取引履歴」というものがあります。
取引履歴は,貸金業者と契約をした時点から,最後に返済した時点までの,すべての借入・返済が記録された書類です。
この書類を元に,法律上の借金の残高を計算し,OMCの過払いとなっているときは,返還請求をすることになります。
また,業者に返還を求める手続きを弁護士に依頼する場合には,本人確認のための運転免許証や委任契約の書類なども必要になります。
まずは,高松の弁護士などに相談し,OMCの過払いの返還請求がどのようなものか,ということを確認するようにしてください。

弁護士紹介

【コラム】

消費者金融やクレジットカードのキャッシングによる借金があり,何年も返済をしている方にOMCの過払いが生じていることが予想されます。
OMCの過払いは,利息制限法に規定される制限利率を上回る金利が原因となり,法律上の借金の残高がマイナスとなる状態を言います。
借金を返済しすぎたお金は,業者に対し,返還請求をすることができます。
ここで,高松のサラ金など,通常は,請求をしたからといって,お金を返してもらえるケースは少ないと思われます。
払い過ぎたお金を返してもらうためには,弁護士が業者と交渉して和解に応じさせたり,あるいは,裁判をして請求を認めてもらう手続きが必要になります。
ここで,「裁判をしないと,OMCの過払いは,回収できないのか?」という不安があるかもしれませんが,貸金業者によっては,裁判をしないで返還されることもあります。
逆に,貸金業者の中には,裁判で判決を受けた場合でも,なかなかお金を返さないケースがあるのも事実です。
そのため,OMCの過払いの返還請求の経験が多くあり,その実績も豊富な弁護士に依頼することが重要になります。
貸金業者ごとの特徴を理解し,適切な返還請求の手続きをしてくれる弁護士を見つけるようにしてください。