OMCの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】消費者金融などによる,OMCの過払いの問題については,できるだけ早く回収しておくことが重要であると言われています。
その理由の一つとして,貸金業者の経営状態の悪化が指摘されています。
貸金業者の中には,多数のOMCの過払いの返還請求を受け,経営状態が悪くなっていることが多くなるからです。
そして,経営状態が悪化しているほど,任意の交渉で和解することが難しくなり,裁判をしなくてはならないことも多くなります。
また,「OMCの過払いの裁判となった場合は,必ず満額の回収ができるのか?」という質問も多くあります。
依頼者にとっては,裁判をすることの不安があるのも事実ですが,裁判をすることで,より多くの請求が認められるかどうかが気になっているようです。
結論から言うと,裁判をすることで,満額に近い金額で和解ができたり,判決を受けることができる場合があるのも事実です。
しかし,貸金業者の経営状態を考慮し,ある程度,妥協をせざるを得ない場合があることもあります。
そのため,OMCの過払いの実績の多い弁護士に相談し,貸金業者ごとの回収率についての目安を確認してみることもできます。
返還請求における,不安な点や分からないことは,事前に香川・高松の弁護士に確認するようにしてください。

お客様の声

【コラム】香川・高松のサラ金やクレジット会社などから借金をしたことがあり,利息制限法の制限利率を超える金利での返済をしてきた方は,過去の返済で「OMCの過払い」が生じている可能性があります。
OMCの過払いは,本来返済する必要のないお金ですので,貸金業者に対して,返還請求をすることができるものです。
ここで,払い過ぎてしまったお金を取り戻すには,香川・高松の弁護士に相談し,依頼をするだけで良いのですが,過去に自己破産の免責を受けたことで,請求をあきらめてしまっているケースもあります。
自己破産は,税金や国民年金など,一定の債務を除く,すべての債務が免責される手続きですので,一見,OMCの過払いの返還請求もできないように感じてしまいます。
しかし,原則として,自己破産をした後でも,返済しすぎたお金を取り戻すことはできます。
ただし,最近,自己破産をしたような方の場合,破産申立時に利息制限法に基づく再計算がされていることがあります。
通常は,返済しすぎたお金がある場合は,それを取り戻した後に,申立てをすることになります。
したがって,自己破産後にOMCの過払いの請求が必要になるケースは,少ないと考えられますが,不明な点があるときは,弁護士に確認してみることをお勧めします。

【関連情報】
金融庁ホームページ