オリコの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】過去に高松のサラ金などの借金を完済したことがある,あるいは,何年も金利の高い借金を返済している,という方は,オリコの過払いが生じているかどうかを確認する必要があります。
これまで,サラ金やクレジット会社は,利息制限法に規定される制限利率を超える金利で,借金をさせてきました。
その結果,法律上は,受け取ることのできないお金についてまで返済を求め,受け取ってきた事実があります。
しかし,過去の判例などで,払い過ぎたお金について,返還請求を認める事例が相次いでいますので,過去に借金を完済している場合,あるいは,何年も返済を継続している場合は,オリコの過払いの発生を確認し,返還請求をする必要があります。
オリコの過払いを確認するには,(1)貸金業者から取引履歴を請求し,(2)金利の引き直し計算をする,ことで確認することができます。
ここで,もし自分の借金がオリコの過払いとなっていない場合でも,引き直し計算後の残高に見直しを求める,任意整理などもできますので,まずは弁護士に相談してください。
また,自分で取引履歴の開示請求をしたり,引き直し計算をするのは難しい作業になります。
少しでも不安がある場合は,弁護士の無料相談などを利用し,発生の見込みについて検討してもらうと良いでしょう。

弁護士紹介

【コラム】消費者金融などの金利の高い借金を何年も返済していると,「オリコの過払い」が発生すると言われています。 これは,消費者金融やクレジットカードの金利が利息制限法に規定される上限利率を超える金利で設定されていたことが原因で,借金の残高がなくなった状態から,さらに返済をしてしまったお金のことを言います。
そのため,高松の弁護士などに相談し,貸金業者に対して,払い過ぎたお金の返還請求をすることができます。
ここで,既に貸金業者との取引が終わっている方,あるいは,何年も前に完済している借金について,「今さら請求することは無理だろう」と考えている方もいるようです。
しかし,過去に完済した借金についても,返還請求権が時効消滅していない限り,業者に対して返還請求することができます。
オリコの過払いの時効は,「最後に返済してから10年」ですので,できるだけ早めに弁護士に相談するようにしてください。
なお,弁護士の相談に業者との契約書や取引を証明する明細書などは,なくても問題ありません。
どの業者といつ頃取引を始め,どのくらい借金をしたのかを覚えている範囲で伝えるだけで,オリコの過払いの見込みを検討してもらうことができます。
オリコの過払いの法律相談は,無料で受けることができるので,是非とも活用するようにしてください。