オリコの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】消費者金融などから借金をしたことがあり,過去に完済している場合,あるいは,返済を7年以上に渡って継続している場合に,借金が「オリコの過払い」となっていることがあります。
オリコの過払いは,高松の消費者金融など,金利の高い業者に対し,法律上,必要となる元本以上の返済をしてしまっている状態を言います。
これまで,多くの貸金業者は,利息制限法に規定される制限利率を超える金利を設定していましたので,適正な金利で引き直し計算をすると,実は,借金を既に返済し終わり,さらに返済を継続させられていることがあります。
この場合,高松の弁護士に相談して,払い過ぎたお金を取り戻すことができますが,返還請求するための条件に,「最後の返済から10年が経過していない」という問題があります。
オリコの過払いの返還請求権(不当利得返還請求権)は,最後の返済から10年が経過すると,時効により消滅してしまいます。
時効によって権利が消滅した後に請求しても,払い過ぎたお金を取り戻すことはできません。
したがって,できるだけ早めに弁護士に相談し,オリコの過払いとなっていないかどうかを確認してもらうことが必要になります。
現在返済中の借金についても,すでに借金がなくなっていることもありますので,早めに相談するようにしてください。


お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

【本文】
オリコの過払いは,金利の高い消費者金融,あるいは,クレジットカードによるキャッシングにより発生すると言われています。
しかし,自分にオリコの過払いが生じているかどうかは,取引履歴に基づく引き直し計算をしてみないと,正確には分かりません。
そのため,オリコの過払いが発生している「目安」が必要になります。
一般的に,借金を払い過ぎてしまっている状態になる目安は,(1)金利の高い借金を完済している場合,(2)取引きが7年以上継続している場合,のいずれかです。
まず,利息制限法の上限利率(年15%〜20%)を超える借金をしていたことがあり,その借金を完済している方は,間違いなくオリコの過払いが生じています。
これは,利息制限法の制限利率を超える,違法な条件で返済を終えているので,当然,"返済しすぎ"の状態であると考えられます。
また,取引期間が7年以上継続している場合,比較的多くの方の借金は,既になくなっている状態です。
借金の返済が大変な方もいると思いますが,取引期間が長い場合は,すでに借金がなくなっていることも予想されます。
また,取引期間が7年に満たない場合でも,借金がなくなっていることもありますので,まずは,高松の弁護士に確認してもらうことをお勧めします。