オリコの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】 同一業者から借入・返済を継続している場合,これまでの取引きで「オリコの過払い」が生じているかどうかを確認することは難しいと思います。
オリコの過払いは,法律上,借金の残高がなくなって以降も,さらに返済させられたお金のことです。
そして,取引期間が7年以上の長期にわたる場合,過去に借金を完済している場合に発生しやすいものとなります。
ここで,借入や返済を繰り返している場合や,完済を何度かしている場合は,取引そのものが複雑となっていることもあります。
そのような場合は,香川・高松の弁護士に相談し,自分にオリコの過払いが生じているかどうかの見込みを検討してもらう必要があります。
支払い過ぎたお金があると見込まれるときには,業者から過去の取引履歴を取り寄せ,引き直し計算をすることにより,返済しすぎたお金を計算することができます。
そして,元本に年5%の利息を付けて,貸金業者に対して返還請求することができます。
また,現在,返済を継続しているサラ金の借金などについては,この引き直し計算により,本来の残高に修正することもできます。
業者が200万円と主張する借金であっても,法律上,返済義務が生じているのは50万円ということもあります。

借金問題全般についても,弁護士に相談することができます。

お客様の声

  【コラム】消費者金融やクレジットカードでお金を借りたことがある場合,業者に対して返還請求をすることができる「オリコの過払い」が生じていることがあります。 オリコの過払いは,法律上は,借金がなくなっているのに,さらに返済を求められ,返済してしまったお金のことを言います。 このお金は,本来,支払う必要のなかったお金になりますので,業者に対して返還請求をする必要があります。 また,具体的にいくら返済しすぎたのかは,「引き直し計算」をすることで確認することができます。 引き直し計算は,貸金業者から取り寄せた「取引履歴」を元に,すべての借入・返済について,法律で認められた上限利率で再計算する作業です。 この計算をすると,完済して残高が0円となっている借金の残高が,マイナス50万円,マイナス100万円となって表示されます。 借金がマイナスになることの意味は,借金がなくなってから,さらに支払ってしまった金額,つまり「オリコの過払い」の元本を意味しています。 このオリコの過払いの元本に年5%の利息をつけ,貸金業者に対して返還を求めることで,払い過ぎたお金を取り戻すことができます。 金利の高い借金をしていた方は,まずは,香川・高松の弁護士に相談してみることをお勧めします。