オリコの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

オリコの過払い体験談4

借金が400万円近くになったことがありました。

キャッシングを初めてした時は緊張して、「返済を早くしなければ」と言う意識を持っていましたから返済も早く終わりました。しかし、それは一度目だけでした。キャッシングの回数が増えるとその手軽さに錯覚を覚えて次から次へと借り続けました。

 

1社ではすぐに借り入れ限度額を超えますから、2社、3社目と次々と手を出し始めました。私の周りにもサラ金に手を出している人は多く、時代的にも「お金を借りる」ことが抵抗感が少なくなった頃でした。テレビをつければCMはひっきりなしに流れていますから今とは違い「ご利用は計画的に」なんてフレーズもありません。

 

今はどうなのか知りませんが、昔のサラ金は貸す時は優しく、返す時は怖いところが多かったです。

それでも借り続けて、旅行や洋服代にどんどん消えていきました。そして気がついたら400万円近くになりました。「よく貸してくれたな」と思うほど今では信じられないくらいあるところまでサラ金は優しいです。

 

しかし、それも限界がきます。

 

ある日、無人機でお金が下せなくなりました。

1社だけでなく、すべての会社で引き出せなくなっていました。その時に巨額な借金の返済督促状だけが残りました。そして返済生活が始まりました。

毎月の返済額が5万円以上でした。それも相談して少なくしてもらった額です。それでも「自業自得」と言う言葉を心に言い聞かせ必死に返済しました。

 

返済が半ばくらいに達した時に「オリコの過払い問題」が大騒ぎになりました。

 

初めは「ヤミ金」の問題だと思っていたので、自分はちゃんとした会社でしか借りていなかったし、「法定金利です」と言われていましたから、特に気にしていませんでした。

しかし返済に疲れたのと、病気で仕事を休んでしまった時に「もしかしたら返済が減るかも」と期待して、と言うよりも藁をも掴む気持ちで近くの法律事務所に行きました。

 

結果的に返済額が0円になりました。

 

ビックリしました。

はじめ疑わしかったので、他の事務所にも行きました。法外な料金を請求する法律事務所があると聞いてたので何個か回って一番料金が分かりやすい事務所に決めました。ちなみにどこの事務所も「返済額は0円になる」とのことでした。

 

それだけでなく120万円近く返ってきました。

「借金の返済をしてお金がもらえる」と言う構造は初め意味が分かりませんでした。狐につままれた気持ちで言われた通りに書類を集めて10ヶ月くらいすると返済完了の通知がきました。

書類自体は法律事務所の人が集めてくれますから、家にあった明細書などを集めただけでした。

何度も見返しました。そして銀行通帳に振込まれたお金をまじまじと見たり、引出してみて実感が湧きました。

今も不思議な気分です。