オリコの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】消費者金融やクレジットカードによる借金の仕方は,人それぞれ異なります。
人によっては,一度,まとまったお金を借入れ,何年かかけて返済してきた場合もあり,また,借入と完済を繰り返しているような場合もあります。
貸金業者に対してオリコの過払いの返還請求をする場合は,引き直し計算をしてオリコの過払いの元本を確定する必要があります。
何度か完済をしている借金がある場合,「すべての取引を1つの取引きとしてみなす場合」と「別々の取引だったとみなす場合」とでは,請求額が異なることが一般的です。
そのため,貸金業者との取引が,借入・完済を繰り返すようなパターンの場合は,業者の主張と高松の弁護士の主張が対立してしまうこともあります。
したがって,返還請求をする貸金業者によっては,払い過ぎたお金を取り戻すまでに時間がかかることもあり,長期戦で臨まなくてはならないこともあります。
「できるだけ早くお金を返してほしい!」という方もいますが,業者の対応により,入金されるまでの時間が異なります。
オリコの過払いが疑われるような取引きをしたことがあり,回収できるまでの期間の目安を知りたいときは,弁護士に相談してみることをお勧めします。
無料相談を利用することで,費用をかけずにオリコの過払いについての理解も深められます。

お問い合わせ

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

 

【コラム】消費者金融やクレジットカードでお金を借りたことがある方は,これまでの取引により「オリコの過払い」が生じている可能性があります。
オリコの過払いは,法律上,借金がなくなっている状態から,さらに返済を求められ,返済してしまったお金のことを言います。
そして,多い人では,このお金が150万円矢200万円もの金額になり,実際に返還請求に成功しています。
ここで,「自分もいくらお金が戻るのか知りたい!」という方も多くなります。
貸金業者に対していくら返還請求できるかは,過去の取引データを元に計算してみないと分かりません。
業者から取引履歴を取り寄せ,グレーゾーン金利による計算書から,法律の制限利率による計算書を作る作業をします。
そして,法律の制限利率による計算結果がマイナスとなったら,それは「借金がなくなり,さらに支払ってしまったお金」を意味しています。
このマイナスの金額が「オリコの過払い」によるお金で,貸金業者に対して返還請求する元本となります。
高松の弁護士に依頼して返還請求するときは,この元本に法定利率である年5%の利息を付けて請求することになります。
自分のオリコの過払いがいくらあるか知りたい場合は,弁護士の無料相談を利用し,相談してみることをお勧めします。