ポケットカードの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

ポケットカードの過払い体験談4

私は普通のサラリーマンです。
私がポケットカードを使う様になったきっかけは、ギャンブルでした。ギャンブルで負けてしまい、普段の出費がこずかいの範囲で収まらなくなった時、CMで爽やかに宣伝されているポケットカードに抵抗無く手を付けてしまいました。借り入れは人に会わないで自動契約機で、身分証明書(免許証)があれば40分くらいですぐ5万円借りれました。最初は「給料が入ったら返せばいい」と思っていたのですが、キャッシングの怖い所は返済したらまた借りる事が出来るんです。返済してまた借りての繰り返し。気付けば融資限度額30万円いっぱいでした。さらにポケットカードの方から電話が来て「給与明細を持ってきたら金利を安くする」と言われ、実際持って行ったら、金利は2%くらいしか下がらず。でも融資限度額は50万へ広がりまた借りる事に。そしてまた数カ月経つと案内の電話が来て、金利引き下げと融資限度額を変更すると言って、最終的には借り入れが150万に。本当に自分でもびっくりです。そんな使った覚えが無いままお金って使ってしまっているんですよね。
私は懲りずに、ポケットカード1社で収まらず、サラ金1社、3社と借り入れを増やして行きました。
そしてついにお金が回らなくなったのです。ポケットカードの方は怒鳴ったり脅す事はありませんでした。でも、毎日の様に確認の電話が来てどうにか支払うように言われます。どうにもならないのにです。
妻に打ち明けました。妻は怒りましたがすぐ弁護士に相談する様に言いました。そして私は弁護士の先生へ相談へ行ったんです。
一般的に聞く「借金が返せなくなったら自己破産をする」その相談に私は行くのだと思っていました。ですが実際は違いました。司法書士の先生は、まず何年借り入れ期間があって、借り入れ金額、金利を聞かれ、そして言いました。「大丈夫です。支払いは終わっています。」と。
私はびっくりしました。聞き間違えかと思い「3社借り入れがあって、350万の残高があるんです。」と言ったのですが、今度は先生が詳しく説明して下さいました。
「○○さんの場合、法定金利の上限金利で利用しています。この金利は高すぎるので借り入れしていた○年の間に支払った金額でもう返済は終わっているのですよ。さらに多く支払われている分過払いが発生してお金が返って来ますよ。」
私は「ほっ」っとした気持ちと嬉しい気持ちが込み上げてきました。手続きは先生がポケットカードに直接連絡して全てして下さいました。少し時間は掛かりましたが、私はサラ金の3社全てを完済することが出来、司法書士の手数料を差し引いても100万手元に戻って来ました。これは私は今まで支払い、戻って来た金額なのですがとても得をした気持ちになりました。
今回の経験でお金の怖さを知り「無知」は怖いと思いました。契約の内容を確認していても、分からない事もあるのだと。これからは様々なアンテナを張って情報収集し、同じ過ちは犯しません。
弁護士の先生、本当にありがとうございました。