ポケットカードの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

弁護士事務所のホームーページを見たことで借金から助けてもらいました

私は昨年35年間勤めた会社を定年退職しました。
普通ならゆっくりする所ですが、50歳前半からポケットカードからお金を借りて、しかも家内には内緒にしていますのでその返済に四苦八苦しています。

家内には家でごろごろしていても退屈だからと言って、8時間勤務のアルバイトに出ています。
時給800円ですから1日6400円になり、月15万円程度になります。ここから10万円強を返済に回しています。退職金の中から一括で返したら大助かりなのですが、退職金は全額家内に管理されていますのでどうすることもできません。  

私はポケットカードから合計200万円の借金がありました。
アルバイトに出て3カ月になりますから20万円を返済しました。
健康にはあまり自信がないものですから、持病が再発せぬように身体に気を使い毎日アルバイトに出かけています。
腰痛が再発したらとてもアルバイトが続けられません。そうなるとポケットカードでの借金がばれてしまいます。ここまで隠し通してきたのだから、あと何年かも頑張りたいのです。年率29%で借りていましたから、200万円のままなら1年で60万円増えるわけです。ですから毎月10万円返済しても、元金が減るのは75千円程度です。  

毎日、ポケットカードがくれた返済表を見てため息ばかりついていました。
そうしたところ,たまたまインターネットでポケットカードに強い弁護士のホームページを発見しました。
“仕事帰りに高松で法律相談できます”、“過払い金返還請求”等の字が目に飛び込んできました。
今まで借金の使い道に負い目があり、貸してもらっただけでも有り難いと思っていましたからあまり気にしていなかったのですが、  

平日であれば,仕事帰りに高松で相談できると思いましたので,電話で予約して法律事務所へ行きました。
弁護士は私の差し出した借入書類関係を見せると、早速債務整理をしましょうと言いました。正式に過払い金請求手続きの書類に署名捺印しました。

2カ月ほどたってから,弁護士事務所から電話が入り、ポケットカードが過払になっているということが分かりました。また過払い金総額は約200万円ということでした。

私はすぐに過払い金返還請求の手続きを進めるように弁護士に依頼しました。

ただこれから裁判をかけるので、戻ってくるお金は計算通りにはならない場合があるということでした。

その弁護士はポケットカードに強い弁護士で、徹底的に裁判で戦ってくれたおかげでほぼ予定の金額が戻ってきました。   

過払になっていて既に返済しなくていいにもかかわらず、毎日あくせくしていた自分がバカに見えました。

知識がないということは損することだと思いました。大手のポケットカードが利息を貪り取っているとは想像もできませんでした。泣き寝入りせずに無料相談会に出かけたことで借金地獄から抜け出すことが出来ました。

【関連情報】
多重債務の相談窓口_国民生活センター