ライフの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】高松のサラ金など,金利の高い借金をしてきた方に「ライフの過払い」が生じることがあると言われています。
ライフの過払いは,利息制限法の制限利率を超える金利での返済を継続し,本来,返済しなくてはならないお金を上回る返済をしてきた状態のことを言います。
つまり,法律上は,借金がないのに,さらに返済をさせられてきたのがライフの過払いの問題,ということになります。
しかし,この問題の難しい所は,「誰が払い過ぎているのか?」「いくら返還請求できるのか?」ということが計算をしてみないと分からない点です。
自分が取引をした業者から取引履歴を取り寄せ,法律上の金利に引き直す計算をしなくてはなりません。
しかし,年率20%を上回る金利の借金を返済し,借金を完済している場合は,必ずライフの過払いとなっていると考えることができます。
利息制限法という法律の制限利率を超える金利の借金を完済すると,必要以上に返済させられてしまうのは当然のことです。
また,借金の返済が5年~7年を超えるようなときも,借金の残高がマイナスとなっていることがあります。
時効によって請求できなくなる前に,弁護士に相談して,業者からの取り戻しのためのアドバイスを受けるようにしてください。

弁護士紹介

【コラム】

利息制限法の制限利率を上回る金利の借金について,すでに完済している方には,ライフの過払いが生じていると考えられます。
このライフの過払いは,法律上,返済する義務のないお金で,後日,貸金業者に対して返還請求をすることができるものです。
また,借金を完済してから,「何年たっても請求できる」というものではなく,請求権が時効にかかるまでの期間内であることが必要になります。
この場合の返還請求権は,「不当利得返還請求権」というものになり,借金を最後に返済した時点から10年で時効により消滅してしまうものです。
そのため,過去に完済した借金のライフの過払いを請求するには,「完済した時点から10年以内」に請求することが必要になります。
ここで,「10年以上経過した場合でも,請求することはできないか?」と思われる方もいるかもしれませんが,完済から10年を超える期間が経過した場合は,権利そのものを失ってしまうことになります。
また,10年以上前に完済している複数の取引については,「一連の取引きとみなして計算できる場合」については,請求できることもあります。

何年も前に金利の高い借金を完済したことがある方は,早急に高松の弁護士に相談するようにしてください。