ライフの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】ライフの過払いは,利息制限法の制限利率を超える金利で返済してきた方に生じるもので,貸金業者に対して返還請求することができるものです。
法律上は,不当利得返還請求権という権利に基づき,多く支払わされたお金を取り戻すことになります。
ここで,返還請求を考えている方の不安が,「裁判をしなくてはならないのか?」という点であることがあります。
一般的には,裁判は頻繁にするものではなく,一生のうちに一度あるかどうかの経験だと思います。
そのため,「多額の費用がかかるのではないか?」「何度も裁判所に出頭しなくてはならないのか?」という不安も生じます。
まず,ライフの過払いの返還請求については,裁判となった場合でも,印紙代や切手代などの実費が増えるだけで,取り戻したお金を上回る費用が発生することはありません。
法律事務所によっては,裁判所に出廷するときの日当を請求するケースもありますが,成功報酬だけの事務所なら安心です。
また,ライフの過払いの返還を求める本人が,何度も裁判所に出廷する必要はありません。
通常は,一度も高松市の裁判所に行くことなく,返還請求を実現できています。
裁判に関する不安があるようでしたら,無料相談を活用し,弁護士に確認しておくようにしてください。

お客様の声

【コラム】消費者金融やクレジットカードによる借金をしてきた方は,制限利率を超える金利での返済により,借金がライフの過払いとなっていることがあります。
ライフの過払いは,法律上,借金が既になくなった状態から,さらに返済を継続している状態を言います。
つまり,消費者金融などが主張する借金の残高は誤りで,法律上は,借金がなく,逆に,貸金業者から返金を受けられる状態であることを意味しています。
ここで,貸金業者に対して,払い過ぎたお金があるから返還しろと請求をしても,必ずしも簡単に応じてくれることはありません。
通常は,香川・高松などの裁判所の手続きによって返還請求をすることになります。
ここで,消費者金融やクレジットカードの契約の約款には,「貸金業者の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の裁判所とする」といった記述があると思います。
しかし,一般的には,ライフの過払いの請求をする方の住所地を管轄する裁判所,あるいは,貸金業者の本店所在地を管轄する裁判所のいずれかを選ぶことができるものと考えられます。
また,請求するライフの過払いの金額が140万円を超える場合は地方裁判所,それ以下の場合は簡易裁判所に訴えを提起することになります。

裁判に関する不安な点は,あらかじめ,弁護士に相談しておくようにすると安心です。