ライフの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】利息制限法の制限利率を上回る金利で返済を継続すると,法律上は,借金がなくなり,逆に払い過ぎてしまう状態になることがあります。
この問題は,ライフの過払いの問題として知られていますが,高松などの弁護士に相談し,払い過ぎたお金を取り戻すことができるものです。
また,貸金業者によっては,必ずしも簡単に返金には応じませんので,裁判をして取り戻すことも多くなります。
ここで,裁判でライフの過払いを取り戻す,と聞くと,依頼した本人も出廷する必要があるのか,という点が心配になります。
しかし,通常のケースで,依頼者本人が裁判所に行く必要が生じることはありません。
もし,裁判に出廷することになる可能性があるのは,過去に何度か完済を繰り返し,同一業者の取引に空白期間がある場合などになります。
これまで,数多くのライフの過払いの返還請求訴訟が行われてきており,請求額の計算などで争いになることも少ないと思われます。
唯一,争いが生じるとすれば,何度か完済したことがある方の取引きについて,個別の取引きとみなすか,あるいは,一連の1つの取引きとしてみなすか,などになります。 そのため,高松などの弁護士に依頼した後は,安心して任せておくことができることになります。

お問い合わせ

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

 

【コラム】消費者金融やサラ金などの借金によって発生することがある「ライフの過払い」は,クレジットカードによる借金によっても生じる可能性があります。
そのため,サラ金などの借金をしてきた方だけでなく,クレジットカードを利用されてきた方も,自分にライフの過払いが生じているかどうかの確認が必要になります。
ここで,クレジットカードの機能には,「ショッピング機能」と「キャッシング機能」の2種類があり,ライフの過払いが生じる可能性があるのは,「キャッシング機能」を利用した方になります。
クレジットカードのショッピング機能は,商品やサービスの購入時に,代金支払いをカードで行う場合に利用する機能のことです。
これに対して,キャッシング機能は,クレジットカードを使い,現金を借りることができる機能のことです。
つまり,ライフの過払いが生じる可能性があるのは,「クレジットカードでお金を借りたことがある方」ということになります。
クレジットカードのキャッシングでは,これまで,利息制限法の制限利率を超える金利が設定されていました。
そのため,多くの利用者が,法律上,必要以上に返済させられてきたことになります。
高松の弁護士に相談し,返済しすぎた分があるかどうかを確認するようにしてください。