ライフの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

ライフの過払い体験談2

ライフを利用したのは、23歳の時でした。融資を受けた目的は、遊興費用と生活費の足しにするためでした。友人が利用していた新しい消費者金融業者を紹介してもらい30万円の融資を受けました。運転免許証だけ準備して30分程度の審査でお金を借りる事が出来ました。

 

 当時はアルバイトで生計を立てて一人で生活していたのですが、生活能力がなかったので生活費には常に事欠くような状態でした。遊びやギャンブルなどにもはまっていたので、簡単に消費者金融を利用する事が出来るという事が分かった事から、お金が足りなくなれば違う業者からも利用するようになっていきました。

 

 当時は若かったので借金の額が増えても何とかなると高をくぐっていました。30万円の融資に対してかかる利息は、月に8000円程度であったので、大したことはないと考えていました。しかしライフをはじめとして,複数の業者から利用していくうちに毎月の入金を行う事が出来なくなりました。

 

 自己破産を行ったのは、初めて消費者金融を利用してから10年以上が経過してからでした。8社から350万円近くの借り入れがあり、毎月の入金額が10万円を超えてしまい利息の返済も出来なくなってしまったのです。弁護士に依頼を行い自己破産の手続きを行いました。

 

 手続きを行ってから免責を受けるまでにかかった時間は、4カ月程度でした。裁判所には全部で3回通いました。10年以上支払いを続けていた借金から解放された事を覚えています。

 

 ライフへの過払い請求という方法がある事を知ったのは、自己破産を行ってから3年が経過した頃でした。新聞記事で目にしたのがきっかけです。利息制限法を超えた金利でライフを利用していた場合には、払いすぎていた利息があるので、返還の請求が出来るという事が分かりました。

 

 私は自己破産をしてしまったので、ライフへの過払い金の請求を行う事は出来ないと思っていたのですが、その記事には自己破産を行っていても請求する権利は残っていると書かれていました。

しかし、最後にライフで入出金を行ってから10年間が経過すると時効が発生してしまうので、時効が発生してしまっている場合は行う事が出来ないとされていました。

 

 最後にライフを利用してからすでに数年が経過していましたが、10年間は経過していませんでした。自己破産を依頼した弁護士に連絡して、ライフへの過払い請求を依頼しました。
私が消費者金融を利用していた期間は、29.2パーセントという利息制限法を超えた金利であったので、全ての期間に対して過払い金が発生している事が分かりました。

 

 ライフからのお金が返還されたのは、弁護士に依頼して8カ月ほど経過したのちでした。利用していた8社のうち3社はすでに倒産していたので、ここからの返還は難しいと言われました。返還されたのはライフをはじめとして,5社からあわせて150万円です。返還された金額の20パーセントを弁護士に支払いました。

 

 トータルで100万円以上が手元に残りました。もちろんこれの数倍以上の金額を利息として支払っていたのは言うまでもありませんが、ライフに過払い請求を行っていなければこの金額は手にする事はありませんでした。

いまでは,まだ間に合ううちに,ライフに過払い請求を行って良かったと考えています。