セディナの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】セディナの過払いの問題は,貸金業者の違法な金利(グレーゾーン金利)によるものですので,サラ金や違法な業者についてのみ発生する問題だと思っている方もいます。
しかし,非常に多くの方が利用している「クレジットカード」によってもセディナの過払いが生じることがあり,利用したことがある方は,確認しておくことが必要になります。
また,クレジットカードには,「キャッシング」というお金を借りる機能,「ショッピング」による買い物をするときの決済に使用する機能があります。
ここで,セディナの過払いが生じる可能性があるのは,「キャッシング機能」を利用してお金を借りたことがある方です。
もし,ショッピング機能だけしか使っていないなら,払い過ぎてしまったという心配をする必要はありません。
また,クレジット会社は,数年前から貸付金利の引き下げを行っていますので,取引期間が2~3年程度の短い期間の場合は,返済しすぎることはありません。
しかし,概ね7年~10年以上の期間に渡り,クレジットカードのキャッシングの返済をしてきた方は要注意です。
自分にもセディナの過払いが発生しているかも,と思われる場合は,高松の弁護士に相談してみることができます。
無料相談を利用することで,返済しすぎたお金があるかどうかの見込みを検討してもらうことができます。

弁護士紹介

【コラム】過去にサラ金から借金をしていたり,あるいは,現在も返済を継続している場合に,「セディナの過払いの返還請求をしたい!」と考えると思います。
そして,返還請求をしたいものの,そのことが家族や職場に知られてしまうのでは,ということで躊躇されている方もいるようです。
しかし,貸金業者に対してセディナの過払いの返還請求をする場合,通常は,誰にも知られることなく手続きを進めることができます。
借金の返済を現在も継続している方の場合,弁護士が介入することで,業者からの督促が止まったり,返済も一時的にストップさせることができます。
そのため,セディナの過払いの返還請求をしない場合よりも,家族に知られてしまう危険性は少なくなることが予想されます。
また,完済している方も同様ですが,弁護士の介入により,債権者からの連絡や裁判所からの通知などは,依頼した法律事務所に行くようになります。
そのため,弁護士との連絡をどうするか,という点を決めておけば,誰にも知られることなくセディナの過払いの返還請求をすることができます。
もっとも,返還請求ができるのは,時効で権利がなくなっておらず,業者が倒産していない場合です。
高松の弁護士に早めに相談し,取り戻すお金は取り戻してもらうようにしてください。 弁護士による無料相談を活用し,請求後の影響についても,十分に理解した上で依頼するようにしてください。