セディナの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

セディナに過払い返還手続きをしたら思わぬ臨時収入が得られました

私は高校卒業後、福岡の印刷関係の中小企業に就職しました。月給は手取り12~13万円程度で、決して裕福とは言えない生活でしたが、一社会人としてそれなりに充実した毎日をおくっていました。

ところがある時、会社の経営不振を理由に何人かの社員が解雇されることになり、私もその一人になってしまいました。リストラなんて初めての経験だったものでひどくショックを受けてしまい、半ば自暴自棄に近い形でセディナから生活費を借りて生活する日々が始まりました。最初は次の就職先が見つかるまでの足し程度に考えていたのですが、気が付けば融資額は百万円以上に達していました。

その後、私の荒んだ生活を心配してくれた知人の助けもあり、なんとか別の会社への就職が決まりました。酒もたばこもやめ、徹底的に生活費をケチって毎月5万円ほどセディナに返済していく日々が数年間続きました。無事に全額完済した時は、達成感よりも虚脱感の方が大きかったです。自業自得とはいえ、あの頃の切り詰めた生活は二度と思い出したくないほどしんどかったです。

それから十年近く経った最近のこと、払い過ぎた借金を返還してもらえる「過払い請求」なるものの存在をテレビ番組で知りました。何の気なしにインターネットで検索して拾ったソフトで自分の支払い履歴を計算してみると、少なく見積もっても20万円以上の過払いがあることが判明しました。最初は計算間違いかと思って驚きましたが、何度計算してみてもやはりそれだけの過払いが存在していました。限界まで自分を追い込んでいたあの地獄のような日々が無意味だったのかと思うとはらわたが煮えくり返るような怒りが湧いてきて、私は迷わず過払い請求に踏み切ることにしました。

私は法律の専門家ではないので、いざという時のために弁護士に相談することにしました。初期相談は無料で、費用は成功報酬として返金額の2割程度ということでした。

後から聞いた話では本人訴訟でも過払い請求はできないことはないらしく、弁護士費用もケチれるそうですが、やはり私としてはきちんと弁護士に依頼した方が良いと思います。

弁護士は法律のプロであり、セディナへの過払い請求に関するあらゆる手続きを代行してもらえます。依頼人は経過報告を聞くだけで済むので非常に安心です。

よほど勉強家な方は別としても,普通の人が,カード会社に勝てるだけの法律知識を取得するというのは,非常に難しいことです。

 

最終的に私の過払い金は70万円ちょっと返ってきました。本人訴訟だと足元を見られて示談に持ち込まれていた可能性もあったそうで、弁護士に依頼して本当に良かったと思いました。

その後過払い金で焼き肉を食べに行き、辛かった日々の供養のためにほんのちょっぴりだけ贅沢をさせてもらいました。過払いに該当している債務者の方は是非弁護士に相談することをお勧めいたします。

【関連情報】
日本司法書士会連合会