セゾンの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】過払いはブラックリストに載りません
「過払い」と聞くと債務整理のひとつだと思っている相談者が多いようです。
例えば、返済に困ったので債務整理をしようと思って弁護士に利息を計算してもらったところ、過払いが発生していたので、払い過ぎた利息を返してもらったら借金返済が既に終わっていた、という話はよくあります。
過払いは、あくまでも払い過ぎた金利を返してもらうだけのことなので、ブラックリストには載りません。
そして、今後の生活にも何の支障もありませんし、ローンを組むこともできます。

高松でも意外とこのからくりに気付かずに、高い利息を払って消費者金融からお金を借りている方が多いのです。
そして、借りたお金の金利をいじると、ブラックリストに載ると思っている方も多いのです。

消費者は利息制限法に守られています。
利息を上回って貸付を行っている消費者金融から、返してもらった。
ただ、それだけのことで、決してブラックリストには載りませんし、事故情報として記録が残るわけでもありません。

また、過払いの発生に気付いていながら、何も行動しないのは損です。
過払いを請求しても、決して消費者金融に嫌がらせをされるわけでもありませんし、仲たがいになることもありません。
間違いを正しい金利で弁護士に訂正してもらうことは、決して悪いことではないのです。

弁護士紹介

【コラム】

完済してなくとも過払いを請求することに意味がある
債務を完済してる場合は過払いを請求すると返還できるお金が自分の元に戻ります。
しかし、債務がまだある場合には債務と相殺することがない限り、債務は残ってしまいますよね。

それだと意味がないと思われる方もいるかもしれませんが、そうではありません。

債務が残ってしまう状況で、過払いの請求を行うことで金融事故として信用機関に掲載されてしまいますが、現在ある債務から引きなおして計算し、債務の元金がかなり減ることとなります。
さらに契約を直すことでこれからの支払いの金利が変わり支払いがラクになるかもしれません。

過払いのお金が自分の元に戻ってこなくても、過払いが発生してるのならばそれは返したお金です。
金利ではなく元金に充てることができるのですから、マイナスには決してなりません。

まずは高松で過払いに詳しい弁護士に相談して、自分の状況で過払いを請求することが妥当なのか、それとも債務整理が妥当なのかと相談してみるのも良いですよ。

素人判断で誤った判断をしてしまうと大変です。
ですからまずは弁護士に相談すると良いでしょう。

自分の債務がいくら残っていて月々の支払いがいくらであとどこぐらいで返済できるのかを考え、まとめていくと良い資料になるでしょう。

過払いは完済してる人だけのためにあるものではありません。
自分の債務と金利をしっかりとまずは把握しましょう。