シンキの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】過去に金利の高い借金をしていた方や,何年も返済を継続している方は,「シンキの過払い」が発生しているかどうかを確認する必要があります。
通常,返済しすぎているお金があるかどうかは,高松の弁護士や一部の司法書士に依頼しますが,「どの専門家に依頼すれば良いか?」という点で悩まれると思います。
まず,弁護士と認定司法書士の違いは,主に,本人の代理人となれる「請求額」の違いです。
認定司法書士の場合は,業者への請求額(訴額)が140万円まで,と決められていますので,140万円を超えるシンキの過払いが生じていたときは,あらためて弁護士を探す必要があります。
それでは,「弁護士なら誰でも良いのか?」というと,必ずしも誰でも良いわけではありません。
消費者金融やクレジット会社との和解に向けた交渉は,非常に難しく勇気がいる手続きになります。
できることなら,シンキの過払いや債務整理を専門に扱っている弁護士に相談し,依頼する方が安心だと思います。
また,弁護士によっては,シンキの過払いに関する「無料相談」を実施していますので,それを利用して,直接,話しを聞いてみると人柄なども分かると思います。
この問題は,業者の倒産や時効などがあり,急ぐべき問題ですので,早めに対応しておくことが重要になります。

弁護士紹介

【コラム】過去に消費者金融などの金利の高い借金を完済している場合,返還請求権が時効により消滅していない限りは,業者に対して,シンキの過払いの返還を求めることができます。
ここで,高松でも数多くの中小サラ金が倒産しており,「サラ金の倒産後の返還請求はできるのか?」という問題があります。
たとえサラ金が倒産しても取り戻せる,という考えの方もいるようですが,会社の倒産は,「会社の消滅」を意味していますので,わずかな配当を受け取れれば良い方であると考えられます。
通常,サラ金が破産するときは,業者の財産がほとんど残っておらず,そのわずかな財産を債権額に応じて分配されます。
そのため,サラ金の財産が全く残っていない状態や債務超過となっている状態の場合は,1円も取り戻すことができないことを意味しています。
したがって,過去に金利の高い借金を完済している方や何年も返済を継続している方は,できるだけ早めに弁護士に相談し,シンキの過払いを取り戻しておくことが重要になります。
これらのことからも分かるとおり,シンキの過払いの返還請求を急ぐ理由は,「時効」の問題と「業者の倒産」の問題があることです。
不当に多く返済させられたシンキの過払いは,すぐにでも返還請求の手続きをするようにしてください。

【関連情報】
香川県弁護士会ホームページ