シンキの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】消費者金融やクレジットカードによるキャッシングは,非常に金利の高い借金となっています。
とくに,出資法が改正される以前の金利は,年率29.2%などという非常に高い金利で,その高い金利が原因となり,返済が困難となることも多かったと思います。
しかし,貸金業者が守らなくてはならない法律の1つには,「利息制限法」というものがあり,この法律で認められている金利は,元本に応じ,年率15%〜20%となっています。
つまり,貸金業者の多くは,これまで違法な金利で貸付を行ない,そのことが原因となり,シンキの過払いの問題が生じた,という見方をすることもできます。
シンキの過払いにより,必要以上に多く返済させられたお金は,高松の弁護士に依頼し,取り戻してもらうことができます。
また,シンキの過払いの返還請求をするときは,"利息を付けて"返還請求をします。
このときの利息のことを「シンキの過払い利息」などということもありますが,年率5%で計算し,発生から返金に応じるまでの利息も合わせて請求することになります。
現在の金利情勢から考えると,年率5%の金利は大きく,このことで返金される金額が大きくなることもあります。
これまでの古い借金の取引についても検討してもらい,支払い過ぎたお金は,取り戻すようにしてください。


お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

【コラム】過去に消費者金融などの金利の高い借金をしたことがある場合や現在も返済中の方は,「シンキの過払い」が生じているかどうかを確認する必要があります。
シンキの過払いは,法律上,返済が必要になる金額以上に返済させられる問題で,時効が成立しておらず,業者が倒産していなければ,返還請求をすることができます。
ここで,高松の弁護士に依頼した場合,「依頼してから,どれくらいで返金されるのか?」という点に興味があると思います。
比較的多くのケースでは,依頼後2〜3カ月程度で和解が成立しますが,業者によっては,半年〜1年程度かかってしまうこともあります。
貸金業者に対して,払い過ぎたお金の返還請求する場合,(1)取引履歴の開示請求,(2)引き直し計算,(3)和解に向けた交渉,(4)裁判,という手続きになります。
返還請求に時間がかかるかどうかは,「取引履歴の開示請求にかかる時間」と「業者と和解が成立するまでの時間」が大きく影響します。
スムーズに取引履歴を開示し,こちらの請求に対して返還に応じてくれる業者の場合は,2カ月未満で返金されることもあります。
逆に最後までシンキの過払いの返還に応じない業者の場合は,裁判などの手続きに時間がかかってしまうこともあります。