シンキの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

シンキの過払い体験談1

私は現在45歳で二人の子供のいる父親ですが20歳の時に今の妻と出会って結婚をして25歳まで会社員として企業で働き二人の夢だった喫茶店を25歳の時にそれまでに貯めたお金でオープンさせたのですが、何せ二人とも飲食関係の仕事は度素人で右も左も分らないまま始めてしまいましたので経営も上手くいかず銀行に借りていたお金も返済することがままならずサラ金会社からお金を借り入れて銀行のローンにあててそれでも足りないので他のサラ金からお金を借りるの繰り返しで毎月の利息だけでもとんでもない額になっていってしまいました。

 

 

そのまま喫茶店を続けても借金が膨らむばかりでしたので30歳の時に無念でしたが喫茶店を閉店させて私は知り合いの経営しています工場に勤め、妻は昼は和食料理店の接客をし夜はスナックで働いて今まで借りた借金の返済を何とか滞納をしづずに返していました。

 

 

二人とも朝から夜までずっと働きずめでしたのでろくろく子供とも遊んでやれなく悔しい思いをしていましたが救いだったのは私の実家で私の両親と同居していましたので私の両親が私たちの代わりに子供たちを遊びに連れて行ってくれたり御飯なども全部作ってくれて食費や生活費などは全部私の両親が出してくれましたので借金が沢山あってもなんとか生活をしていけました。

 

子供が今年小学校と中学校に同時に入学をしたのですがまた何かとこのお金が入りましてまたお金をどこかで借りなくてはいけないなあと思っていた時ふとテレビを見ていましたらシンキの過払い請求のCMがやっていましたので、それまで私はシンキの過払い請求の事などまったく知りませんでしたのでパソコンでもう一度自分でシンキの過払い請求を検索して調べたところ今までサラ金などで法定利息以上に払ったお金を前に遡って返金してもらえると言うことでしたので、もしかして私も今まで余分に利息を払っていたのではと思い弁護士事務所に言って相談をしてきました。

 

 

弁護士さんに相談しましたら多分お金を余分に返済しているので任意整理をしてお金を返してもらいましょうと言って下さり任意整理の契約を結んで弁護士さんに後はお願いすることにしました。

 

借りていた借金は後半年後に終わる予定でしたがとりあえずその返済もストップして弁護士さんからの返事を待つことになりました。

 

それから1ヵ月後に弁護士さんから連絡が来まして弁護士事務所にいきますとやはり今まで余分に利息を払っていたそうでこれからの返済ももう払わなくて良くしかも過払い金として100万円くらいのお金が私のところに戻ってきました。

 

すぐにこの事を妻に連絡をすると妻も大喜びでその夜は皆で久しぶりの御寿司を食べに行きました。

 

これで娘たちにも習い事をさせてあげるお金も出来ましたし今まで子供たちの面倒を見てくれた両親にも海外旅行のプレゼントができそうです。

【関連情報】
金融庁ホームページ