ユニマットレディースの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。
メニュー

【コラム】過払いの直接交渉は損です
お金に困ったときだけキャッシングをしていた高松の友人がいます。
ある日、利息制限法を知り、ご自分の利率を調べてみたところ、あきらかに利息を過払いしていることに気付きました。
そこで自分で直接、キャッシングをしている消費者金融に電話をして過払いのことを言い、払い過ぎた利息を返してもらえるように交渉してみたのですが、相手もビジネスなので何だかんだ言って結局返してもらえず、納得がいかなかった友人は弁護士に相談すると、いとも簡単に過払いの利息分を返してもらえたそうです。
また、今後支払う予定の返済分の利息も大幅に安くなったそうです。

過払いは自分ひとりで直接交渉すると確実に長引きます。
友人も仕事を持っているので、仕事の休憩時間を使って電話したり、休みを何日もつぶして、何ヶ月もかかって一人だけで交渉しても無駄だったのです。
それがたった一度、弁護士に入ってもらうことで、交渉もスムーズにいき、消費者金融も利息の過払いを認め、無事にお金を返してもらうことができました。

やはり素人が一人だけで交渉すると、消費者金融にまるめこまれますので、無理な話だと思います。
法律に強い弁護士に介入してもらえば、無駄な時間も労力も使わずに、スムーズにお金を取り戻すことができるのです。

お問い合わせ

お名前
お電話
メールアドレス
ご相談内容

 

【コラム】過払いの相談をするにあたって
過払いを弁護士に依頼して、請求しようと思っている方は弁護士に相談しに行くときになにを持っていけば良いでしょうか。

弁護士に相談に行くには、なにも持たず手ぶらな状態で行くよりも、必要になる書類や資料をできるだけ持っていくと良いでしょう。

資料というのは、過払いが発生してると思われる金融会社との貸金契約書やローンカード、支払い履歴がわかる通帳や支払いの際に送られてくるハガキなど、債務に関係するものならすべて持っていって損はないでしょう。

そういったものがあるとないとではその後の速さに違いがでます。
一回の相談で依頼をしてしまってすべて揃っていれば解決までそのまま行く機会はほとんどないでしょう。

ですから、最初の時点で資料や書類を揃えて行くことが大切です。

しかし、過去の債務で完済してる場合は契約書や支払い履歴など紛失してしまったり破棄してしまってる場合もあると思いますので、そういった場合でも再発行をしてから行くなどといった方法がありますので、弁護士事務所に相談に行く前に必要書類の再発行の仕方や相談時に必要になったりあったほうがいい資料はなんですか?と聞いておくと良いでしょう。

高松で過払いを取り扱う弁護士がいるので、過払いに詳しく実績のある弁護士に相談に行くことをおすすめします。